格安夜行バスってどうなの!? 山形⇔東京間の格安夜行バスを利用してみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言語:

th_キラキラ号

みなさんこんばんは(・∀・)

山形に住んでいる専門学生sugiです。

ある日、私はふと東京に行きたいと思いました。

…いつもながら唐突です。

しかし、学生が東京に行くというのはお金ないし結構大変です。

でも、行きたい。

ってわけで今回は山形から東京まで格安で行ける方法として、いま話題になっている夜行高速バスを利用して東京まで行ってきました。

金もない・クルマもない・コネもない私のような平凡な学生であっても地方から気軽に東京へ行ける時代がやって来たのです。

時代は私に味方しています。

素晴らしい。

格安バスに感謝です。

今回は夜行バスを使って実際に東京まで行ってきたので、その時の乗車記録と夜行バスのおすすめを紹介したいと思います。

思いつきで東京に行くのに大切なこと。

東京駅

思いつきでぶらっと東京まで行くのに大切なこと。

それは安く行くこと。

です。

それ以外に何も求めるものはありません。

私のような地方に住んでいる人間が東京に行くのは結構大変。

山形を脱出して東京まで逃げるには新幹線とバスと飛行機の3つの公共交通手段があります。

飛行機は高いですし気軽ではありません。

新幹線は快適ですが山形新幹線つばさの乗車率はいつも高いです。

主に本数が少ないのが原因です。

ではバスはどうでしょう。

バスは時間こそ掛かるものの、寝ていれば朝には東京に着き朝から活動出来るので前泊などが必要なくオトクです。

しかも運賃がかなり安いです。

貧乏な学生はバス一択ですね。

実際に山形⇔東京間の夜行バスに乗ってみた。

th_キラキラ号 新宿

今回は、前日にインターネットの高速バス予約サイト『バスリザーブ』から夜行バスを予約しました。

>【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

いまはオフシーズンに当たるようで片道驚きの1,800円。

安いです。

これはもう、格安とかじゃなくて激安と言ってもいいレベルですよね。

まあ今の時期だけで、通常期や繁忙期になると4,000円から8,000円ぐらいで運行しているようですが、それでも新幹線よりも安いです。

交通費を浮かせたい方。

会社がケチで出張費を少なく出される方。

金がない学生。

そんな方におすすめなのが高速バスです。

ちなみに山形駅から東京駅までの新幹線指定席での料金は片道12,000円位になります。

それに比べると半額以下になる計算です。

夜行バスの乗り心地ってどうなの??

出展:http://www.bushikaku.net

今回利用したバスは山形駅前から新宿のバスターミナルまで行くバスです。

山形駅前を出発したのは夜中の11時30分頃。

良い子は寝ている時間です。

乗ってみて驚いたのは、以外と夜行バスが快適だったこと。

夜行バスは安かろう悪かろうの印象が強く、単に移動手段と割り切って乗ってみたのですが、案外言うほど悪くないかも。

ってのが初見の感想です。

夜行バスが高速道路に乗るまでは少し揺れましたが、高速道路に乗ってしまったら途中の休憩場所までノンストップで走るので大きな揺れもなく快適でした。

大型バスは足廻りが柔らかいのか、衝撃とかも全然なかったです。

バス酔いとかを心配していた私も拍子抜け。

私がバスに強くなったのか、このバスが良かったのか。

分かりませんが言うほど悪くなかったです。

ただ、私は環境が変わると眠れない派の人なので、仮眠というか目を瞑るだけで6時間ほどリラックスして過ごしていました。

私の隣とか前後ろからはいびきの音が聞こえてきたので、どんな環境でも寝れる人ってやっぱり居るみたいです。

羨ましいな。

私が乗ったのは冬だったので、車内は乾燥気味で暑かったので脱ぎ着出来る服やマスクなどを用意すると良いと勉強になりました。

また、首が若干疲れるので首枕なんかもあると便利かも。

早朝に東京へ到着。夜行バスは快適だった。

そんな感じでちょっとだけ寝ていたら東京に到着。

バスは無事に目的地の東京 新宿にあるバスターミナルに到着。

なかなか快適だったので夜行バスはおすすめです。

ただ、到着した時刻が朝の5時頃。

…早い。

5時に到着されてもやることないから暇です。

高速バスをよく利用する方のブログとかを見ていると早朝でも開いているネカフェやカプセルホテルなんかを利用したり、銭湯や24時間営業のマクドナルドで朝マックやらちょっと早いモーニングコーヒーを飲んだりしているみたいです。

私も真似して朝マックをすることに。

これぞ都会人の習慣ですね。

地元山形では味わえない体験です。

新宿バスターミナルから秋葉原を目指す。

朝マックというかマクドナルドで時間を潰したら朝6時の電車に乗って新宿から秋葉原を目指しました。

ちなみに今回私が東京にやって来た目的は秋葉原の電気街を散策することでした。

夢の人生初秋葉原です。

田舎人が華麗に秋葉原デビューを飾ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく電車に乗って秋葉原に到着です。

th_秋葉原駅にしても都会の電車賃って安いですね。

普段田舎に住んでいる私にとって久しぶりに出てくる都会に大きな憧れがあります。

ちなみに山形にはまだSuicaが導入されていません。

紙の切符を買うしかありません。

はやくSuicaが田舎にも来て欲しいです。

まあ、それはさておき秋葉原駅に到着です。

th_秋葉原 その2

ところが、ここで思わぬ誤算が。

いまの時刻は朝の6時半ちょい前。

そう、秋葉原の朝は遅かったのです。

私が行きたかった秋葉原の裏通りにあるジャンク街の開店時刻はなんと10時から11時だったのです。

秋葉原駅前の通りもご覧の有様。

6時なので業者すらいません。

th_秋葉原

『朝からバリバリ秋葉原散散策だー』と考えていた私の期待が無残にも打ち砕かかれます。

これはさすがに困りました。

ってわけで近くのコーヒーショップで時間を潰すことに。

ちょっと早い朝の秋葉原を散策しながらコーヒーショップへと向かいました。

th_IMG_3388

久しぶりに来る秋葉原。

さすがアニメの街です。

ポスターが凄い。

コーヒーショップを出たのは朝の10時頃。

朝から秋葉原を散策します。

秋葉原、やっぱり楽しいです。

裏通りのジャンク街が楽しいです。

山形にも秋葉原みたいな電気街が欲しいです。

そういえばここではじめてランボルギーニを見ました。

めっちゃかっこよかったです。

いつか、乗ります。

私はランボルギーニを買うブロガーになります。

th_秋葉原とランボルギーニ

そしてまた駅前に戻ってきました。

こちらもアニメのポスターが大きく貼られていあす。

秋葉原感満載です。

th_秋葉原 アニメ

秋葉原の裏通りで迷子になったりしてました。

店1つ1つ入っていると方向感覚が麻痺します。

しかも人に道を聞こうにも、同じ店が複数あって何号店?とか聞かれて…

分かるわけねーじゃん。

ってなってました。

ちなみに秋葉原は店じまいも早いので夕方の6時頃には引き上げて夕飯を食べつつ本日の宿に向かいました。

今回もいつも通りじゃらんでアパホテルを予約。

今回は浅草蔵前近くにあるアパホテルに泊まりました。

アパホテルは安くて大浴場もあるのでオススメ。
> 【じゃらん】 国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

浅草の近くにはスカイツリーがあるので、アパホテルにチェックインしたら散策することに。

スカイツリーが近くにあるって良いですね。

th_スカイツリー ライトアップ

次の日も上野や秋葉原とかを散策して山形に帰ります。

…帰りたくないです。

ところが、ここで問題が。

急遽予定が入って急ぎで帰ることになったので、帰りのバスをキャンセルして新幹線で帰ることに。

残念なことに山形に帰るには『山形新幹線つばさ』しか選択肢がありません。

なのでつばさに乗って山形へ急ぎます。

本当は前から『はやぶさ』に乗ってみたいと思っているのですが…

これに乗ってしまうと青森に行ってしまうので今回はダメですね。

th_写真 2014-03-09 午前9 38 25

この後無事に山形まで帰りました。

久しぶりに都会の空気が吸えたのでとても楽しかったです。

ほんと、東京住みたいです。

今回みたいに、ふと思いつきで東京に気軽に来れる方法が夜行バスです。

夜行バスは安いし、思ったより快適だったのでおすすめです。

地方から都内へ行く際にはまた利用したいところです。

皆さんも機会があれば夜行バスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

高速バスには昼行便もある。ウィラーエクスプレスがおすすめ。

出展:http://blog.goo.ne.jp/buscenter05/e/707ed70e5d76b4728a08d46c8fe135a6

余談ですが、皆さんはウィラーエクスプレスって知ってますか?

今回は夜行高速バスを利用したのですが、ウィラーエクスプレスは昼便が多く運行しているバス会社です。

ウィラーエクスプレスのバスは大きくて快適です。

残念ながら東京山形路線ではありませんが、プレミアムシートや、トイレが付いていたりと、従来までの高速バスに新たな価値を+αしている魅力的なバスです。

これからどこか旅行へ行こうと計画されている方は、ウィラーエクスプレスのバスもおすすめです。

ちなみに格安バスと比べてそこまで高い印象はありません。

ゆったり行きたい方にはウィラーエクスプレスがおすすめです。
> 高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする