車の傷は自分で直せる!? 車の傷を自分で修理する方法 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

みなさん、こんばんは!

先日スイフトを納車してウホウホなSugiです。

さて、みなさんカーライフ楽しんでますか??

私はウハウハで楽しんでいます!

世の中には「命より車が大事!」なんてことを言っている人もいますが、私もいざ自分の車を持ってみるとその気持ちが痛いほど分かってきた今日この頃です。

そんな命より大事?かはさておき、車をぶつけてしまった場合に焦らずまずは一度試して欲しい裏ワザがあるので、今回は激安な車の傷修理方法をご紹介します!

100均で売っている激落ちくんを使う方法

 私もスイフトで試してみたのですが、これがまた効果絶大でした!

この位の傷やコスリ傷であれば激落ちくんで擦って雑巾で拭き取れば何事もなかったかのように消すことが出来ます!

ただし、激落ちくんには研磨剤の成分が入っていますので同じ場所をずっと擦ってしまうとハゲるので注意が必要です。

なので私は激落ちくんで擦ったら固形ワックスなどを上から塗って誤魔化しています。

激落ちくんで擦って終わり。ではなく、ボディーのアフターケアも大切ですので合わせて行うと仕上がりが綺麗になるのでオススメです!

img_0

この方法は、あくまでも塗装の上に汚れが付着していることが使用条件です。

本当に軽く擦った位の傷でエグってなければ結構使えるお得技です!

前にYouTubeで観た動画でやっていた方法を紹介します。

まず、ドライヤーと

エアダスターを用意します。

手順は簡単です。車のヘコんでしまった箇所にドライヤーを当てて暖めます。

次にエアダスターを逆さまにして先ほどドライヤーで暖めた箇所に吹きつけます。逆さにして噴射する理由はエアダスターの中の液体がそのまま出てくる為一気に冷やす事ができるからです。

しばらくすると「ボコッ」と、いう音と共にヘコみが治るはずです。あまり大きなヘコみでなければ試す価値は十分にありますね!

この方法の原理は、空気の膨張性を利用したものです。暖めたものを一気に冷やすことで空気を膨張させ物体の元の形へと戻すというものです。理科の実験で前にやりましたよね?笑

とりあえず今回はこの2つの方法を紹介しておきます(・∀・)

あまり経験して欲しくないことですが万一の場合は是非お試し下さい!

事故を起こさないよう安全運転しましょう~

関連商品

今回紹介した激落ちくん

激落ちくんで落ちないのはねんどクリーナーで試す

それでも無理ならコンパウンド配合ワックス

そもそもボディーが凹んでいたら

ドライヤーと

エアダスターを用意。

スポンサーリンク