Macの動作がおかしい時に試して欲しいmacの修理方法 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

SAMSUNG

Macを愛用しているsugiです!

みなさんはWindows派ですか?Mac派ですか?まあどちらでもいいでしょうw

さて、Windowsは修理代が安いから良いのですがmacはそうはいかないので困っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は壊れたMacの修理方法をご紹介したいと思います!

①NVRAMのリセットを試す

Macの電源が入っていなくても、設定をNVRAMと呼ばれるメモリ領域に保存しているのですが、極稀にこれにエラーが出る場合があるのです。そのため、まずはこれをリセットしクリアすることで、OSが起動可能になることも考えられます。

~方法~

1. Macの電源を落として、停止している状態にします。

2. command, option, p, r の4つのキーを位置を確認します。

3. Macの電源をいれます。

4. 電源を入れた直後に、command, option, p, r の4つのキーを同時に押します。

5. 2回目の起動音が鳴るまで、4つのキーを押し続けます。

②SMCのリセットを試す

SMCとは、システム管理コントローラーの略で、IntelベースのMacにおいて、ハードウェアのローレベル制御を行っているものです。このSMCをリセットすることで、起動できない問題が解消されることがあります。

~方法~

1. Macの電源を落として、停止している状態にします。

2. MagSafe電源アダプタを電源に接続します。

3. 本体左側の shift, control, commandの3つのキーを押しながら、電源ボタンを押します。

4. 3で押した4つのキーを同時に放します。

5. Macの電源を入れます。

③セーフモードでの起動を試す

macをセーフモードで起動する方法です。

~方法~

1. Macの電源を落として、停止している状態にします。

2. Macの電源を入れます。

3. 起動音が鳴った直後にshiftキーを押します。

4. Appleのロゴや、回転する歯車のマークが出てくるまで、shiftボタンを押し続けます。

④インストールメディアからの修復と再インストール

ここまでの対処法を行なっても起動できない場合は、ほぼハードウェアの障害の可能性が高くなりますが、
念のためHDDから起動を行わない方法で、起動するか確認を行います。

 ~方法~

1. Macの電源を落として、停止している状態にします。


2. メディアをMacで読み込める状態にして、Macの電源を入れます。

3. 電源を入れると同時に option キーを押し続けます。

以上がMacの調子が悪い時に試す方法になります。

もし、この記事がきっかけでパソコンが修理出来れば幸いです(・∀・)

スポンサーリンク