ルームランプをLEDに交換してみた。ルームランプおすすめ まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

皆さんこんばんは(・∀・)

今回はスイフトの前から気になっていた『ルームランプ』をLED化したのでその流れを紹介したいと思います。

車内をもっとオシャレにしたい方、明るくしたい方は必見です!!

DSC02283

ところで、私が乗っているスイフトは普通車なんですが、後部座席側にルームランプが付いていないんですよね…

今時軽自動車でさえ付いているのに…

フィットでもヴィッツでも付いているにも関わらずスイフトのルームランプは1個だけ。

普通ならそこまで気にせず、それで十分なのかもしれません。

しかし、私の場合は夜に多く車を利用するのでその際に後ろが見えなくて不便に感じていました。

なので今回はルームランプLED化してみることに。

もちろん、ルームランプの交換は凄い簡単らしいので、ちょっと調べて自分で交換してみました!

今回私が購入したルームランプがこちら↓

Amazonで出ているルームランプはピンきりですが、LEDでレビューが高い製品であればどれもお買い得だと思います。

自分の乗っている車のルームランプのソケット形状が分からない場合には『車名』+『ルームランプ 形状』とか調べると、『T10』とかって感じで対応するLEDルームランプのソケット形状が出てきます。

私が乗っているZC11S型(平成18年式)スイフトの場合はT10という規格のものになります。

ってか、大半のルームランプの規格はT10だと思いますが、ちゃんと事前確認することをオススメします。

LEDルームランプは金額にバラつきがありますが、価格が高い安いの理由は単純に『明るさ』だと思います。

ルームランプは一度付けてみないと分からないので、Amazonのレビューなどを参考に購入を検討すると良いと思います。

ちなみに店頭よりAmazonの方がルームランプは断然お買い得です。

今回私は6000KクラスのLEDルームランプを購入しました。

では早速取付けに入ります。

まずは画像矢印部分にドライバーなどを引っ掛けてカバーを取り外します。

h

結構簡単に外れます。

外れるとこんな感じになっています。

最初から入っていたのは普通の電球です。

オレンジ色の電球でした。

電球は直前まで点灯させていると非常に熱くなっているので冷めてから取り外しましょう。

DSC02290

ライトを取り外したら、早速今回買ってきたLEDライトを下画像の矢印の通りに接続します。

一応+と-があります。

向きに注意して入れましょう。
jnjmj

カバーを取り付ける前には一度点灯確認をしておきます。

DSC02299

スポンサーリンク

お、点灯しました!

ってか明るすぎww

点灯を確認したらカバーを再度取付ければ完成です!

DSC02282

作業は至って簡単なのでドライバーさえ握れればだれでも作業は可能だと思いました。

ちなみにルームランプ交換前と後での比較も載せておきます。

取り付け前

DSC02296

取り付け後

DSC02280 DSC02302 DSC02304

懐中電灯やフラッシュ撮影やISO感度も全くいじらずに撮影してこの明るさです!

いかがでしょうか?

明るくなったのは一目瞭然です!

とりあえず眩しいくらい光が強くなったことは大満足でした。

交換にかかった費用もAmazonで買えば1,500円でお釣りが来るのでかなり安上がりではないでしょうか?

欠点としては車内が外から丸見えになってしまうことでしょうか?

もうこれで悪いことは出来ないですね(笑)まあ、しないけどねw

以上スイフトのルームランプ交換方法の紹介でした(´・ω・`)

スポンサーリンク

おすすめルームランプ

カラーLEDルームランプもオススメ

スポンサーリンク