ルームランプをLEDに交換してみた。ルームランプおすすめは?? まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんばんは(・∀・)

今回は前から気になっていたスイフトの『ルームランプ』をLED化したのでその流れを紹介したいと思います。

車内をもっとオシャレにしたい方、明るくしたい方は必見です。

DSC02283

スイフトのルームランプは1箇所しか付いていない!?

ところで私が乗っているスイフトは普通車なんですが、後部座席側にルームランプが付いていないんですよね…

今時軽自動車でさえ付いているのに…

フィットでもヴィッツでも2箇所に付いているにも関わらずスイフトのルームランプは1個だけ。

そうなると間接照明みたいな付いているアルファードとかヴェルファイアとかの高級車は何なんだ(´・ω・`)

ってなります。

あれは、もう… かっこよすぎて妬ましいです。

でも、さすがにスイフトの天井にアルファードとかヴェルファイアみたいなライト付けるわけにもいかないしな…

なんて思って解決策を模索しています。

スイフトのルームランプをLED化してみた

SODIAL(R)12 SMD 5050ホワイト LEDパネル室内照明ランプT10+ BA9Sソケットソケット+花綱アダプタ

私の場合は夜に多く車を利用することが多いんですね。

その際に後ろが見えなくて不便に感じていました。

なので今回はスイフトのルームランプをLED化してみることにしたのでした。

LEDルームランプに交換する作業はめちゃめちゃ簡単です。

ルームランプ交換は本当に誰でも出来る作業だと思いますので、まだクルマを納車したばかりの方もはじめてクルマを弄る方にも難易度の低い作業ですのでおすすめです。

ルームランプの種類とルームランプの選び方/準備するもの

まず最初に用意するものから紹介していきます。

ドライバー

ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800

ルームランプのカバーを外すのに使います。

また、ドライバーが当たる部分に傷が付くのが心配な場合にはマスキングテープも別途用意しておくと良いと思います。

交換するLEDルームランプ

(ライミー)LIMEY 最新!5W級 爆光 T10 LED バルブ10連×2SMD 20チップ搭載 SMD7020 白 ホワイト【6000-6500K 】黒ベース 2個入り 保証書付き

交換するルームランプも用意しておきましょう。

今回私が購入したルームランプがこちら↓

今回私が買ったのはLEDのルームランプで、規格が(ソケット形状)T10のものになります。

スイフトのソケット形状は『T10』

私が乗っているZC11S型(平成21年式)スイフトの場合はT10という規格のものになります。

ってか、大半のルームランプの規格はT10だと思いますがちゃんと事前確認しましょう。

ちなみに新型の日産 マーチと日産 初代デイズのルームランプ交換をした時もソケット形状は同じくT10でした。

自分の乗っている車のルームランプのソケット形状が分からない場合には『車名』+『ルームランプ 形状』とか調べると『T10』とかって感じで対応するLEDルームランプのソケット形状が出てきます。

このソケット形状が合わないと電球を買ってきても交換は出来ませんので注意が必要です。

Amazonで売られている『T10』LEDルームランプおすすめ

(ライミー)LIMEY 業界初!爆光 2016年最新 T10×31mm LED 30連 驚きの明るさ 2個セット ルームランプ 白 6500K 12-24V対応 【取扱説明書&保証書付き】 L-T1030R31

スポンサーリンク

Amazonで出ているルームランプはピンきりですがLEDでレビューが高い製品であればどれもお買い得だと思います。

私も全てのLEDルームランプを試したことはありませんがAmazonのレビューにはやらせが少ないので(楽天とかと比べて)信憑性は高いと思います。

商品レビューはAmazonで商品を買う時の1つの基準にすると良いと思います。

AmazonでT10のルームランプで検索するとこちらの商品が出てきます↓

LEDルームランプはパッケージあり/なし・LEDの品質などによって価格差があります。

LEDルームランプの安い価格の製品は品質には問題なくても主に『明るさ』に差が出ると思います。

LEDルームランプの明るさなどはAmazonのレビューを参考にしてみてください。

LEDルームランプ 取り付け・交換方法

では早速取付けに入ります。

まずは画像矢印部分にドライバーなどを引っ掛けてカバーを取り外します。

h

結構簡単に外れます。

外れるとこんな感じになっています。

最初から入っていたのは普通の電球です。

オレンジ色の電球でした。

電球は直前まで点灯させていると非常に熱くなっているので冷めてから取り外しましょう。

DSC02290

ライトを取り外したら早速今回買ってきたLEDライトを下画像の矢印の通りに接続します。

一応+と-があります。

スポンサーリンク

向きに注意して入れましょう。
jnjmj

カバーを取り付ける前には一度点灯確認をしておきます。

DSC02299

お、点灯しました!

ってか明るすぎww

点灯を確認したらカバーを再度取付ければ完成です!

DSC02282

作業は至って簡単なのでドライバーさえ握れればだれでも作業は可能だと思いました。

ちなみにルームランプ交換前と後での比較も載せておきます。

LEDルームランプ 取り付け前 比較

こちらはハロゲン球のルームランプが付いている状態です。

色が暖色系で暗いです。

車内の隅から隅まで見渡せるかと言われると無理ですね。

DSC02296

LEDルームランプ 取り付け後 比較

そしてこちらがLEDルームランプに交換した後です。

前どころか後部座席まではっきり見えるようになりました。

LEDルームランプに交換してから足元やドアについているポケットの中身まで見えるようになったのでかなり明るくいい感じになりました。

DSC02280

車内はこんな感じになりました。

DSC02302

ハロゲン球だと、どうしてもここまでの明るさを出すのは無理なのでLEDはやっぱり凄いです。
DSC02304

ちなみに、懐中電灯やフラッシュ撮影/ISO感度などを全くいじらずに撮影してこの明るさです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

LEDルームランプ交換にかかった費用は全部合わせて1,500円でお釣りが来ました。

これはかなりコスパ良いですね。

LEDルームランプに交換した唯一の欠点としては、外から車内が丸見えになってしまうことでしょうか?

もうこれで悪いことは出来ないですね。

皆さんも悪いことをしなくなるためにLEDルームランプの交換がおすすめです。

では。

おすすめルームランプ

ドレスアップも出来る!? カラーLEDルームランプGood!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする