山形県尾花沢市にある大正ロマン漂う街『銀山温泉』に行ってきた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

みなさんこんには(´・ω・`)

今日は銀山温泉までカメラ片手にスイフトでドライブに行ってきました!

銀山温泉 (15)

銀山温泉は私が住んでいる所から高速を使って2時間程度。

まあ、初心者ドライバーにとっては、けっこう遠いです。

なので今回は割りと長距離ドライブでしょうか。

銀山温泉とは??
銀山温泉とは大正ロマン漂う古風な街。
銀山温泉街を歩いていると周りの建物などの影響で自分が大正時代にタイムスリップしたかのような感覚のある温泉街です。

学校が休みの日に友人と銀山温泉までスイフトでドライブしてきた。

今回は学校が休みだったので、違う大学の友人と一緒に銀山温泉までスイフトでドライブしてきました。

やっぱり車の運転って楽しいですね!

今回は友人が乗っていることもあって色々喋りながら行ったので思ったほか近く感じました。

銀山温泉に駐車場は無いので要注意

今回も無事に銀山温泉に着いたのですが、銀山温泉って駐車場が無いんですね。

ホテルや旅館の駐車場はもちろん完備されていますが、銀山温泉を訪れる観光客向けの駐車場が夏だとスキー場のリフト乗り場の近くとか、ずらずら路駐してみんな停めちゃってる感じです。

私も今回はスキー場リフト乗り場付近の場所が開放されていたので、そちらに車を停めさせて頂きました。

駐車料は無料でした。

ちなみに私が停めた駐車場から銀山温泉街の入り口までは少し距離があって、足腰の悪い方にはちょい厳しいかもしれません。

まして坂になっているので冬などは滑らないように注意が必要です。

銀山温泉へのアクセスは大石田駅から運行している『レトロバス』が便利でおすすめ

私は利用したことがないのですが、大石田駅から銀山温泉まで運行しているレトロバスがあります。

銀山温泉 (14)

駅から大正ロマンに浸りたい方は必見のレトロバスです!

観光地でもないと、今ではレトロバスなんて滅多にお目にかかれないので乗るだけでも良い思い出になると思います。

銀山温泉は川に沿って出来た温泉街

レトロバスを降り、車を停めた駐車場から徒歩5分ほどで銀山温泉に到着します。

↓こちらの写真がよく銀山温泉を紹介する際に用いられるワンカットですね。

ちょっと真似て撮ってみました。

銀山温泉 (16)

川に沿って左右にお店や温泉宿がある感じで、数十メートル感覚に橋が掛けられています。

どちらも木造の建物が多く、使われている街灯も今はなき『ガス灯』なので雰囲気はまさに『大正時代』です。

銀山温泉 (20)

この日はお休みということもあって観光客がとても多かったです。

銀山温泉 (23)

スポンサーリンク

向かいの宿の窓枠や屋根瓦などの部分はどことなくジブリ映画『千と千尋の神隠し』に似ている気がします。

実際のモチーフになったのは台湾のようですが、銀山温泉も『千と千尋の神隠し』に近い雰囲気が味わえると思います。

銀山温泉 (21)

銀山温泉 (22)

銀山温泉では、都会のコンクリートジャングルでも日本の原風景(田舎)でもない、どこか非日常を味わうことが出来る空間となっています。

銀山温泉の夕暮れを照らすのは今はなき『ガス灯』

私たち世代では縁のない照明ですよね。

『ガス灯』は大正や明治時代に使われた街灯です。

銀山温泉 (17)

今でこそLEDなんてものが出来ていますが、当時は電気ではなくガスが主流だったので、ガス灯が街のあちこちにあったそうです。(見たことないので知らないけど、そうらしい)

淡い暖色系の色をしていて、光に暖かみがあるのが特徴です。

銀山温泉に行ったら『ガス灯』は要チェックポイントですよ(・∀・)

お土産屋やお店が充実しているのも銀山温泉の良いポイント

銀山温泉では、お土産屋や食べ物が買えるお店が充実しています。

お土産屋では地酒やまんじゅうなどが買えるほか、銀山温泉で買えるアツアツのカレーパンも人気だったりします。

銀山温泉 (4)

『はいからさんのカリーパン』という名前で売られており、とても美味しいカレーパンです。

遅い時間に行くと売り切れちゃっていることもある人気商品なので早めに行くことをおすすめします。

また、銀山温泉では豆腐も有名ですね。

私はまだ食べたことがないですが、訪れたらお一ついかがでしょうか。

銀山温泉 (18)

さらに、銀山温泉には貸衣装屋もあるので、形から入ることも出来ますし、温泉もあるので疲れきった現代から抜けだして大正へタイムスリップした感覚が味わえます。

こんな感じで銀山温泉のお店やお土産品は相当充実しているので、おすすめです。

銀山温泉の泉質と効能は??

さっきから建物や食べ物の紹介ばかりしていますが、銀山温泉は『温泉』です。

スポンサーリンク

銀山温泉には共同浴場がある他、ホテルや旅館でも時間指定(午前中だけとか)はあるものの日帰り入浴ができる温泉もあります。

銀山温泉の泉質は『ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)』というもので、効能は…

きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

などの効能があるそうです。

私は全国各地の共同浴場や温泉を周っているのですが、お風呂セットを車載しておくと非常に便利でおすすめです。

銀山温泉に来る時にもタオル1枚だけでも、あった方が良いと思います。

銀山温泉の奥には秘密の洞窟が!?

銀山温泉から更に奥に歩いて行くと滝と洞窟があるんですね。

これ↓

銀山温泉 (1)

↑これが入り口で

中はこんな感じです↓銀山温泉 (2)

銀山温泉 (3)

疎水坑というものだったらしいです。

帰り際にはGoodなデザインの建物がありました!銀山温泉 (7)

藤屋さんです! 多分旅館です。

銀山温泉 (5)

外装や内装がどこか惹かれる所があったので、ちょっと撮影してみました。
銀山温泉 (6)

いかがだったでしょうか?

銀山温泉には共同浴場なんかもあって行けばゆっくり出来ること間違いなしです!

また、歴史好きな方や大正ロマンが好きな方にもオススメのスポットです!

それから、銀山温泉の入り口付近に貸衣裳屋があるので、そこで大正時代の服を着付けしてもらうことも出来るようになっています!

興味がある方は一度リサーチしてから行くことをオススメします!

では。

関連商品

Canon一眼レフ 売り上げランキング1位

Nikon一眼レフ 売り上げランキング1位

【絶対必須】レンズ保護フィルター

Transcend SDカード

Amazon限定 三脚

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする