蔵王のお釜から見える御来光を撮るためスイフトで車中泊&撮影旅行してきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

昨日は天気が良かったのでスイフトで蔵王のお釜に行って星空と日の出を撮影をしてきました!

今回はちょっと気合を入れすぎて夜中に出発してしまいましたが…

今回は蔵王のお釜から見える御来光を狙います。

『蔵王の歴史』
蔵王のお釜は火山で噴火してできた火山口で、そこに雨水などが貯まりできた池がお釜と呼ばれています。
一応蔵王は活火山なのですが、最近は大人しいみたいです。

スイフトでもそこそこ寝れた

今回は車中泊というほど車中泊していませんが、蔵王の山頂には駐車場があるので早めに着いて寝て、朝早くからお釜で写真をバシャバシャ撮る計画でした。

久しぶりの車中泊でしたがスイフトでも充分寝れます。

スイフトでも車中泊はできます!

でも、寒いです。

寒い点については今後改善の必要を感じました…

朝の5時ぐらいから蔵王で撮影

今回は朝の5時から蔵王で撮影していました。

蔵王は春だろうと夏だろうと関係なく寒いです。

ですので真夏でも防寒対策は重要です。

間違っても半袖で行かないように。

むしろ手袋がないと厳しいです。

また、カメラは湿気に弱いので暖かい車内からいきなり寒い外に出すと曇ってしまうのでこちらのレンズ用の夜露防止ヒーターを買っておくことをおすすめします。

星とかをタイムラプスで撮る場合には必須アイテムです。

蔵王に行く際には天候に十分注意が必要

ところで、蔵王の天気は面白いほどよく変わります。

夏場で下の方の気温が高い時に山頂に登ろうとすると毎回たいらぐらか蔵王のライザスキー場辺りから霧が発生しちゃっています。

そうなってしまうと登山はまず諦めた方がいいかもしれません。

私は毎回車で山頂まで行っていますが一度夜中にスイフトで出掛けてライザスキー場を過ぎた辺りから、突然濃霧になって前も後ろも視界ゼロになったことがありました。

あれはマジでビビりました。

まして免許取り立てですからね…

どこから車が来るか分からず、引き返そうにも全く見えない。

結構な恐怖でした。

山の天気は変わりやすいと言います。

あれ、本当です。

なので行く場合はくれぐれも天候には注意してくださいね!

今回撮ってきた蔵王の御来光の写真

蔵王のお釜周辺はだいたい朝の4時から5時ぐらいで辺りが薄明るくなってきます。

蔵王 お釜 日の出 (7)

その前の2時から3時ぐらいの時間はとても星が綺麗なので三脚とレリーズがあればおすすめ。

この時期は『天の川』や『夏の大三角形』が見れるのでおすすめです。

蔵王は周りに光が無いので星が綺麗に見えるんですね。

蔵王たいらぐらやライザスキー場周辺でも十分ですが、そこからお釜の方まで登るとそれ以上にはっきり星が見えるようになるのでおすすめです。

ところで、こんな時間帯に人はいないと思うでしょ?

ところが私と同じように車中泊してる方や車を捨てて登山して写真を撮ってる方も居ました。

車のナンバーを見ると結構遠くから来ていました。

今日も気合を入れてスイフトでスタンバってましたが、残念ながら少し雲がかかっていました。

蔵王 お釜 日の出 (2)

いくら下の方の天気が良いからと言って山に登っても100%晴れているとは限りません。

それが山です。

蔵王です。

諦めましょう。

時刻はだいたい朝の5時半ぐらい。

その頃になると朝日が雲の隙間から漏れてきます↓

蔵王 お釜 日の出 (1)

一度日が登り始めたらあっという間に日が昇ってきます。

蔵王 お釜 日の出 (3)

下は天気が良かったので期待していたのですが、この日は風が強い上に霧が発生してきました。

しかも日の出ギリギリの時間に…

ついてない…

スポンサーリンク

残念ながら今回頑張って撮影した結果はここまで。

蔵王の天気はマジで変わりやすい。

蔵王 お釜 日の出 (4)

スポンサーリンク

その後、霧が濃くなってしまったので、一度写真を撮ることを諦めてスイフトでコンビニのおにぎりを食べてました。

この時車内でお湯を沸かして味噌汁とかコーヒーとか飲めるのが理想ですよね…

しばらくスイフトでゆっくりしていると、また霧が晴れてきたので蔵王お釜の反対側に回って写真を撮ってみることに(宮城側)

蔵王 お釜 日の出 (5)

これはお釜の裏側ですね。

山肌が独特です。

蔵王は一応活火山なので落ちている石とかもゴツゴツしています。

そんなこともあって画像の加工次第では海外のどこかと見間違うような写真にも加工出来そうですね。

岩の隙間から生えている植物(高山植物)も蔵王の魅力です。

素敵です。

ちなみにこの道をまっすぐ下ると宮城県です↓

蔵王 お釜 日の出 (6)

というか、蔵王の住所は宮城県になっているんですよね…

でも、山形紹介ポスターには『蔵王=山形』と紹介されている。

この矛盾… 果たしていいのか…

まとめ

いかがだったでしょうか?

蔵王のお釜付近は真夏でも気温6℃などになります。※夜中です。

とにかく寒いので間違っても半袖で行かないように。

もしも機会があれば蔵王のお釜の絶景を見に行ってみてはいかがでしょうか?

天気が良ければオススメな観光スポットです!

カメラと上着と星を一緒に見る彼女がいれば尚最高です!

たまに私もα77を持って出没するので見かけたら声をかけてくれると嬉しいです!

では。

関連商品

Canon一眼レフ 売り上げランキング1位

Nikon一眼レフ 売り上げランキング1位

【絶対必須】レンズ保護フィルター

Transcend SDカード

Amazon限定 三脚

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする