河口湖周辺や富士サファリパークの観光施設 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

実は先日から家族旅行で河口湖周辺や富士山に行ってきました!

私は車で東京の方まで来るのはこれが初めて。

圏央道がまだ工事中ということもあり、途中は一般道で迂回して行ったので結構時間がかかりましたが快適でした!

やっぱ車っていいですね(・∀・)イイ!!

今回は夜中に出発して朝方に到着した感じです!

山形から河口湖まではだいたい8時間ぐらいかかります。

結構遠いです…

河口湖自然生活館から河口湖が綺麗に見える

さて、山形から河口湖に到着したのは朝の7時頃。

まず最初に到着したのは、河口湖自然生活館という施設。

河口湖01

道の駅のような場所で、天気はあまり良くありませんでしたが河口湖が綺麗に見える場所でした。

目の前には河口湖が広がります。
河口湖02

ちなみにこの建物の駐車場は、まだ朝だというのに家族連れや車中泊をしていたと思われる方が結構いました。

次はスイフトで車中泊ドライブしたいですね。

河口湖03

まだ朝の8時にもなっていないので、さすがに店は開いていませんでした。

なので他の道の駅に行くことに。

私が行った道の駅では、朝採れたばかりの新鮮な野菜が並んでいました。

静岡は野菜が豊富ですね。

色も新鮮で美味しそうです。

その中でも、私が気になったのが『桜織舞米』というお米。

パッケージがいま流行りの萌え仕様でした!

最近は萌え米が増えているみたいですね。

萌え米は、お土産や自分用に買って行く方も増えているようで、市場全体での売上は右肩上がりなのだとか。

パッケージの力ってマーケティングにおいては凄く重要なことが分かります。

中身は同じなのにパッケージで売れ行きが変わるんですね。

桜織舞米

富士山周辺は最高のドライブスポットだった!

道の駅を出て富士山周辺を朝からドライブしていました。

富士山周辺は湖畔があったり、富士山や花畑があったりと、ドライブするために在るかのような道路が続いています。

これはスポーツカーとかオープンカーで走りたくなりますね!

来年はぜひともスイフトで来たい…

山中湖 ドライブコース

スポンサーリンク

富士山周辺に泊まるならログハウスがおすすめ

さて、今回はログハウスに連泊しました!

本当はホテルや旅館でも良いと思っていたようですが、家族の人数が多いのでログハウスを1個借りたほうが安いだろ。ってことになったみたいです。

富士山周辺にはコテージというかログハウス1戸貸しが割りと多いんですね。

あまり安くはなかったみたいですが、駐車場があって、広い部屋と庭付きBBQ出来る。

ってのはホテルや旅館と違い魅力的です。

しかも、今回泊まったログハウスが徒歩で湖畔に行けるとても良い立地でした。

湖畔は季節によっては朝霧や太陽が湖面に反射して幻想的な風景を映し出します。

徒歩で湖畔に行ける場所はおすすめです。

子供も泣いて喜ぶスワンボートに乗船

いろんな意味で子供も泣いて喜ぶスワンボートにも乗ってきました!

ログハウスでBBQやって、一通り遊びつくしたところで暇になったので湖畔に繰り出すことにしました。

今回はビビリな弟(高校生)と一緒に乗船です。

私はSONYの割りと高い一眼レフを持ったまま乗船したので濡らしたり船が沈没するようなことがあれば大変です。

その時には弟に犠牲になってもらうことを確認しての乗船です(・∀・)
山中湖 白鳥 (7)

調子にのってだいぶ陸地から離れたところまで行ってみました。

このスワンボート、全然進まない…

弟と必死に漕いでいると、横に本物のスワン(白鳥)が寄ってきました!

仲間意識があるのか餌が欲しいのか分かりませんが、寄ってきました。

スポンサーリンク

山中湖 白鳥 (8)

山中湖 白鳥 (1)

なんの前触れもなく気づいたら横に居た白鳥に弟は凄いビビってました。

この反応を見るのがまた面白いですね。

山中湖 白鳥 (6)
凄い人懐っこいスワン(白鳥)でした。

スワンボートからは、うっすらと富士山が見えました!

あまり天気がよくなかったですが、まあ山頂付近が見れただけでも良かったです!

山中湖 白鳥 (3)

結構スワンボートが疲れましたが、楽しかったです。

湖畔には、様々なアクティビティーがあるので、家族での思い出づくりにはおすすめですね。

天気が良ければ富士山も見れる!? 忍野八海

忍野八海 (11)

2日目には天気も回復。

2日目の早朝から忍野八海へ行ってきました。

天気さえ良ければ、忍野八海から富士山も見えるらしいのですが今日も雲がかかっていて見ることが出来ませんでした。

悔しかったので、下から湧いてくる綺麗な水と魚を眺めていました。

忍野八海は、地下から湧いてくる水が溜まった池がいっぱいある場所です。

しかも、ただ湧いてくるだけじゃないんですね。

忍野八海の水はどれも透明度が凄いのが特徴。

忍野八海 (3)

今回は偏光フィルターを持ってこなかったので水の綺麗さが伝わるか分かりませんが、水の中にはコイやニジマスも気持ちよさそうに泳いでいます。

あと、皆さんも大好きなお金がたくさん沈んでいます。

投げ入れるとご利益があるのでしょうか?

入っていいならここで潜って泳ぎたい。

それぐらい綺麗な水です。

ただ、相当冷たいです。

忍野八海の敷地内には、魚やカモなどもいました(・∀・)

忍野八海 (1)

忍野八海はどこか懐かしい風景が広がっています。

忍野八海 (4)

それにしても忍野八海は人が多いです。

さすが観光地。

忍野八海 (5)

忍野八海 (6)

こちらは水車ですね。

子供は水車とか動くものに興味を惹かれると思うのでまだ水車を見たことがないお子さんがいたら是非見せてあげると良いかもしれません。

忍野八海 (7)

忍野八海 (16)

水車の隣にある小屋の中はこんな感じです。

忍野八海 (8)

水力で歯車を動かして米を脱穀する装置ですね。

以前『鉄腕DASH!』でも紹介されていた装置です。

忍野八海 (9)

忍野八海は『日本名水百選』にも選ばれている

ところで忍野八海は日本名水百選にも選ばれています。

まぁ水をぱっと見ただけでもかなり透き通っているのが分かるので納得です。

忍野八海と皆さんが普段住んでいる近くを流れる川を見比べてみてください・ω・

忍野八海 (10)

また、忍野八海の中には忍野八海の水が飲めるスポットもあります。

焦って池に水筒を入れて水を汲んだりしなくても良いので安心です。

忍野八海 (12)

忍野八海 (13)

そういえば忍野八海にはカッパもいました。

綺麗な水の近くにいるものと言えば…

そう、『かっぱ』ですよね。

忍野八海 (15)

そろそろ単焦点レンズが欲しいと思いながら脇道の花を撮って遊んだり↓

忍野八海 (17)

忍野八海の景色を撮りまくっていました。

やっぱり写真撮るのって楽しいですね。

忍野八海 (18)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは忍野八海にある『お釜池』です。

こちらも湧き水だそうです。

忍野八海 (20)

この穴から水が湧いているそうです↓

にわかには信じられませんが、こんな穴から水が湧いているんですね。

自然って凄い。

忍野八海 (21)

忍野八海は晴れている日がおすすめですが、雨さえ降っていなければオススメスポットです。

お土産も結構充実していたのでおすすめです。

雨天時には『富士サファリパーク』がおすすめ

3日目。

どうも天気に恵まれず…

3日目は残念ながら静岡に来てから一番の悪天候。

色々と行く計画をしていたのですが、予想外の雨だったので富士サファリパークに行くことになりました。

『?????????』

この判断は謎です。

と、不安になりつつ車に乗って来てみると、富士サファリパークって自家用車でそのまま敷地を回れる動物園だったんですね!

富士サファリパーク (6)

なるほど。これは面白いです。

雨の日でも100%楽しめるかと言われると微妙ですが、歩かなくて良いというメリットはありますね。

道路もちゃんと舗装されているので車もそこまで汚れませんし、軽自動車でも回れます!

ただ、サファリパーク内はかなり渋滞していました。

こりゃマニュアル車で行きたくないですね。

辺りにはファミリカーばっかり。

エルグランド、アルファード、ヴェルファイア、エスティマ。そんなのばっかりでした。

さて、富士サファリパークに入ると早速メスのライオンがお出迎え。

車で動物の近くまで行けるのはなかなか新鮮です。

かなり近いです!

でも、ライオンさんは天気が悪いからなのか、なんだかやる気なさ気です。

富士サファリパーク (2)

その一方でこちらはお怒りでしょうか?

富士サファリパーク (3)

遠くにはキリンとかサイもいました!

他にもたくさんの動物を見ることが出来るので「晴れていれば」よりおすすめのスポットです。

富士サファリパーク (7)

外の動物を撮っていたのですが、水滴にばっかピントが合うので1枚。

一眼持っていると、ついつい撮ってしまう水玉。

富士サファリパーク (5)

富士サファリパークは雨の日でも楽しめますが、動物達がぐて~ってしてたのが残念でした。

まあ、これがありのままなので、そういった一面を見れたのもまた楽しみではありますがね。

富士サファリパークに車で行く前には、ぜひぜひ車のガラスをピカピカにしてから行きたいと改めて思いました。

窓越しに写真を撮っていると結構水滴とかが付いて邪魔でした…

ガラスの油膜を取ってガラコぐらいは塗っておきたいところです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は家族旅行で私が実際に行った場所の紹介になってしまいましたが…

富士山周辺や河口湖・山中湖周辺は絶景やレジャー施設が充実していて楽しかったです。

さすがに東北 山形から来るのは疲れますが、都心や関東から日帰りで遊びに来れたら楽しいと思います。

夏の旅行がまだの方はぜひ富士山周辺を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめです。

では。

関連商品

Canon一眼レフ 売り上げランキング1位

Nikon一眼レフ 売り上げランキング1位

【絶対必須】レンズ保護フィルター

Transcend SDカード

Amazon限定 三脚

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする