古いパソコンにLinuxをインストールして遊んでみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言語:

th_IMG_0477みなさんこんにちは!

最近はさらにさらに寒くなってきましたね…

さて、今日は古いパソコンを頂いたので修理してLinuxを入れて遊んでみました!

最近はネットビジネスも一段落してだいぶ暇なんですw

てな訳で、ちょっと古いけどCent OS5をインストールしてみました!

ちなみに今一番新しいバージョンが6だったと思いますが、互換性やスペックの都合上これが限界でした – – ;

将来的にはSambaをインストールしたりして家庭内でのネットワーク機器を全て接続出来る万能Webサーバにしたいので、そのシステムの基本を勉強するための実験機として組んでみました!Linuxは結構古いパソコンであってもメモリとHDDさえあれば動いてくれるのが良い所ですよねー 以前はWindowsが完全に立ち上がらなくなったPCにLinuxをインストールしたら普通に復活したこともあった位です! 無料のLinuxが有料のWindowsよりも強いのもある意味問題ですがね…

実は中学生の頃にも一度Linuxやサーバに憧れて買ったばかりのi7のVAIOにインストールしたことがあったのですがその頃はまだ未熟だった為、Windowsのシステムが入ったファイルの上に上書きでLinuxをインストールするという何ともアホなことをやらかしてしまったことを覚えていますw それ以降、懲りた私は古いパソコンをハードオフで買ってきたパソコンにしかLinuxは入れないことにしています!皆さんはそんな間違いをしないように… 注意しましょう!

さて、話は変わりますが最近のパソコンってかなり安いじゃないですか!なので、これはサーバも安いのでは??と、思い、Amazonを探していたらこんなものを見つけたの、今回はそれを紹介して終わりたいと思います。

それがこちら↓
HP ヒューレット・パッカード コンパクト サーバー ProLiant MicroServer マイクロサーバー N54L proliant-500

HPが提供しているOSレスのサーバになります。スペックは、CPUがAMD RS785E/SB820Mで、メモリが4GB、HDDがなんと500GBです。

それだけ付いて破格の14,000円です。

サーバを本格的に稼働させる予定のある方はこのサーバも1つ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

家庭内での利用であったり小規模SHOならば充分に対応出来るモデルとなっています。OSレスモデルなので、OSレスもWindows ServerであったりCent OSであったりとお好みのものをインストールすることが可能となっています。

ストレージも最大8TBまで拡張が可能なので、充分将来性のあるサーバであると思います。私も使い方を完全に覚えたらこのサーバを数台購入して設置する予定です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする