無線LAN親機の正しい選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

最近はスマホやタブレットの普及もあり無線LAN親機の需要がかなり伸びましたね。

皆さんの家ではどこのメーカーの無線LANを使っていますか?

BUFFALO、NEC、Logitec、もしかして知らない?興味すら無いでしょうか?笑

機械系に興味が無い方だと、「繋がればまず良し」としている方が多いようですが…

パソコン、タブレット、スマホを使っているのであれば関心を持って欲しいガジェットの1つです!

今回は私が家で実際に使ってる無線LAN親機を元に話をしたいと思います。

私が使っているのはこちら↓↓

th_DSC03595

NECの「PA-WG1800HP2」です。

こちらは11acにも対応しているハイスペックなWifiルーターになります。

私の家は2階建てで、家族が多く全員がスマホやタブレットを持っているので同時接続にも強いWifiルーターをと思いこのルーターを購入しました。

私の家の場合だと、だいたい10台前後が同時、もしくは一時的に接続していますが全く落ちないし電波も強くて個人的にお気に入りの1台です。

また、11acを知らない方もいると思うので、11acについて分かりやすく解説された図がネットにあったのでそれを元に簡単に説明したいと思います。

私が11acについて聞かれたらいつもこの図を説明に用いています。

11acでは道路工事をして道路の幅を広げたことによりデータの通る道を広くしたイメージです。

これにより、従来とは比べものにならない高速通信を可能にしたのです。

実は11acに対応したWifiルーターに買い換えようと前から検討はしていたのですが、私の使ってるiPhone、iPad、Macなどが11acに対応していなかったのですが、ようやくこのiPhone6,ipad air,mac book proと3つ全部の買い替えが完了したのでそれに合わせてルーターも買い替えました。

やっぱり高画質な動画を見たり、容量の大きいファイルをダウンロードする時には以前との違いを感じることが出来ましたが、実際どれ位の速度が出ているのかは気になる所でしたので、とりあえず回線速度をiPhoneのアプリでやってみました!

その結果がこちら↓

回線速度測定結果

いかがでしょう?分かる人には分かる数値です。

従来は20〜30も出なかったのですが、2倍から3倍のスピードが出ています!

数年以内に買ったスマホやiPhone、iPad、パソコンをお持ちの方であれば大抵の場合は11acに対応していると思います。

また、WiFiルーターを安く買おうとしている方がいますが、それは大きな間違いです。

特に家族が多いとか、接続台数が多い場合は絶対にケチってはいけません。

接続速度などに影響が出てきますので、Wifiルーターは価格よりも機能性能を重視することをオススメします。

関連商品

BUFFALO【iphone6 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター)エアステーション QRsetup ハイパワー 866+300Mbps WHR-1166DHP (利用推奨環境3人・3LDK・2階建て)

スポンサーリンク

BUFFALO 11n/g/b 300Mbps 無線LAN親機 ブラック WMR-300/S
海外や出張・旅行・ビジネスホテルにもネット環境を

スポンサーリンク