【悲報】雪でバンパーがズレた上に、運転席が洪水状態にww その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

さて、前回の記事では、「不覚にも雪山に突っ込んでバンパーが壊れて修理して治った!」と、いう話をしましたね。

今回はその続きです

バンパーを修理したついでに、後ろのウィンドウォッシャーが出来ないことが気になっていたのでついでにちょっと見てもおうとお願いしていたら…

なんと、コンソールボックスの下の部分でウィンドウォッシャーのケーブルが切れていて、そこから運転席の足元にウォッシャー液が漏れだしていたようで洪水状態になってたのです…

バンパーだけでも大切な車が壊れたことにショックを受けていたのに、これは一体どんな嫌がらせでしょうか?? 俺、なんか悪いことしたっけ?笑

とりあえず、運転席が水浸しでは困りますし、後ろのウォッシャー液が出ないのは冬場の道路では危険な上に車検にも通らない…

これは修理するしかないようで、バンパーと合わせて修理をしてもらうことに…

それから待つこと1時間ちょい

オートバックスのスタッフさんがちゃんと直してくれました!

でも、バンパーを治すだけだったはずなのにウォッシャーの修理が入るとは…

まったく予想もしていなかった…

今回の修理代は2箇所合わせて1万円ちょいでした(T_T)

バンパーは俺が悪いとして、ウォッシャー液ってなんだよ(●`ε´●)

まぁ、とりあえずちゃんと修理して治ったので良かったですが、なんか未だにモヤモヤしています、、、

今回の私もそうだったのですが、バンパーにしてもウォッシャー液にしても、故障して/あるいは故障したと思った時にすぐ車屋に相談すると、工賃が安くなる場合があります。

バンパーにしてもこのまま走行を続けていたらさらに悪化していたかもしれません。

なのでみなさんも、ちょっとでも車がおかしいと思ったら一度車屋に相談してみると良いかもしれません。

関連商品

激落ち ダブルキング 2個入
レック (LEC)
売上げランキング: 645

スポンサーリンク