川や滝を線の流れのように撮るツールの紹介 【NDフィルター レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

写真を撮るのが大好きなSugiです

今回は新しくNDフィルターを買ったので、その性能と役割を簡単に紹介したいと思います!

ではまずNDフィルターについて簡単に紹介したいと思います!

NDフィルターとは?

人間の世界で言うところのサングラスのような役割を果たすものになります。

光量を弱くして反射などを抑えたりする役割を果たします。その為、滝や川の撮影でシャッタースピードを長くする際の撮影や池やダムなどへの景色の映り込みなどを軽減させるといった使い方が出来るのです。

で、今回は早速使ってみたのでこちらの写真をご覧ください↓

NDフィルター使用前

こちらがシャッタースピードを1/800程度で撮影したものになります。ISOは100か200程度だったと思います。

まぁ、普通の川ですよね。

これにNDフィルターを付けて撮影するとこうなります↓

NDフィルター使用

手持ちで撮影したので若干のブレはご容赦下さい。

このように、水が線のように表現することが出来るようになるのです!

この写真はISOを50まで下げて、シャッタースピードを0.5秒位にして撮影しました。

実は過去に私が撮影した写真↓でも、NDフィルターは結構使っています。

DSC05271 のコピー

十和田湖・奥入瀬渓流 (14)

十和田湖・奥入瀬渓流 (5)

スポンサーリンク

いかがでしょうか?

水の流れや滝の流れを表現したい際にはNDフィルターはもはや必需品です!

これから、こういったシチュエーションで撮影する機会がある方は是非NDフィルターも準備して撮影にトライしてみてください!

新たな表現の幅が広がると思います!

補足ですが、NDフィルターを使ってシャッタースピードを遅くする場合には三脚が必需品となりますので、三脚も合わせて準備しておかないとぶれぶれの写真しか撮れなくなってしまいますので注意して下さいね^^;

以上、NDフィルターの紹介でしたー

関連商品

スポンサーリンク