【試乗レビュー】新型スイフトCVTに試乗してみた件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

新型スイフト 2017年モデルの記事はこちら

新型スイフトが遂に発表!! 新型スイフトの変更点は?? 新型スイフト情報 まとめ
つ、ついに発表されました!!! 皆さんこんにちは(・∀・) 現スイフトオーナーのsugiです! ついに本日、新型ス...

新型スイフト 2017年モデルの試乗記事はこちら

新型スイフト ハイブリッド RSに乗って軽く触ってきた!!
みなさんこんにちは(・∀・) 実は昨日、山形のスズキアリーナに行ってきました!! いま乗っているスイフトの点検をしてもら...

みなさんこんにちは(・∀・)

先日、愛車のスイフトをぶつけてしまいスズキのディーラーに修理をお願いしていました。

車同士で事故りました。 気になる修理代と保険代 まとめ
みなさんこんにちは(・∀・) 実は先日、自宅の車庫から出庫しようとしてい際に出会い頭での衝突事故がありました。 今回は交...

で、その間にスズキから代車として新型スイフトがやってきました!!

特別どこかに行った訳ではないですが日常的にあちこち出歩いているので、お借りした1週間で200km程度走ってしまいました…

今回はせっかく新型スイフトをお借りできて、自分でブログというメディアを持っているので今回は200kmほど試乗した新型スイフトに試乗した感想なんかを書いてみたいと思います。

最初に断っておきますが、私はモータージャーナリストでもなければただの車が好きな学生です。

この記事はスイフトの購入を検討されている方の1%ぐらい参考になれば幸いだと思って書いています(笑)

クルマの価値がすぐに分かる!? 無料見積もりサイトがおすすめ


%e8%bb%8a%e4%b8%80%e6%8b%ac%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81


ところで、車の買取価格をネット上で比較できるサービスがあることをご存知でしょうか?

今回は最大7社から無料でメール見積もりを取ることが出来るサービスを紹介します。

車の買取価格にも『相場』というものはありますが、会社によって車の買取価格は大きく異なります。

そのため、車の売却を考えはじめた段階から出来るだけ多くの会社に車の買取価格の見積もりを出して貰うのが一番おすすめです。

でも、近くの車屋を1件1件周っていたのではとても手間が掛かりますよね…

そんな時におすすめしたいのが一括見積もりサイトです。

ちょっとでも車を売りたいと思ったら、ネットに必要な情報を入力するだけ!

すると、最大7社から一括で車の買取価格の概算がメールで送られてくるのです!

多くの業者から一括で見積もりを貰うポイントは…

ポイント1 : なんと言っても、ネット上で無料で査定できる。
ポイント2 : 自分の車の買取相場が分かる。
ポイント3 : ディーラーや次に車を買う店と買取価格の比較ができる。
ポイント4 : 複数社で一番高い金額を出したところに売れる。
ポイント5 : 7社もいれば大抵一番高い金額が出てくる。

といったメリットがあります。

無料のサービスなので、車の売却がまだ先であっても一度車の買取価格を把握しておくだけで次の車選びが現実味を帯びてくるのでおすすめです。

また、真剣に売却を考えている方は7社から届いた概算金額の中から高く買い取ってくれそうな業者だけを選別することも出来ますので、一度使ってみて損のないサービスだと思います。
ちょっと空いた時間を使って愛車の価値を調べてみてはいかがでしょうか?

>>クルマの無料一括査定はこちら

新型スイフトに試乗してみた。

さて、今回借りたスイフトはこちら↓

新型スイフト

新型スイフトです!!

私が乗っているZC11S型スイフトの後継車ですね(・∀・)

まずは簡単に今回借りた新型スイフトのスペックを紹介

※試乗した時に車検証まで見なかったのでグレードは恐らくです。多分間違いないと思いますが…

グレード:スイフト XG-DJE
ミッション:CVT
エンジン:デュアルジェットエンジン搭載
★ マルチインフォメーションディスプレイ搭載
★ アイドリングストップ機能搭載

となっています。

また、今回試乗した新型スイフトはナビレス/オーディオレス仕様車だったので、カーオーディオの性能レビューは省略です。

新型スイフト 外観エクステリアデザイン 評価

まずは外観エクステリアデザインから。

新型スイフトでは、私が乗っているZC11S型スイフトからマイナーアップデートしたデザインになっています。

スイフトオーナーならば分かると思いますが、車やスイフトに興味がない方にとってはイマイチ分からないような細かな変更点が多いです。

なので新型スイフトは『これだっ!!』って注目は少ないと思います。

まあ、一言で新型スイフトの外観エクステリアを評価するならば前世代よりもシュッとした。ってとこでしょうか。

では、フロントから見ていきましょう。

新型スイフトのフロントはヘッドライトが大きくなっていたり、ミラーに電装(ウィンカー)が付いたことがスイフトを知らないユーザーから見ても分かる変更点です。

新型スイフト

スポンサーリンク

一方、リア(ケツ)のデザインは変更になりました。

画像左が新型で右が旧型(私が乗っているスイフト)になります。

新型スイフト_後ろ

スイフト汚い

比較してみると、バックドアの窪みが新型スイフトでは無くなったことが分かります。

新型スイフトの方がシュッとしていますよね。

個人的には新旧どちらのスイフトのリアデザイン(ケツ)も好きです。

でも、スイフトオーナー的な話をすると雨とか雪の日に同じ道路を走ると旧型スイフトの後方が凄く汚れやすいです。

東北の冬に『洗車』なんて全く意味がない!! 東北の雪道はやっぱり大っ〜嫌い!!
皆さんこんにちは(・∀・) 今月に入って2回ほど山形⇔千葉を往復しています。 そんなこんなで大活躍中の我がスイフトですが一度雪道...

東北の雪道を一度走ればこの有様。頑張って洗車しても汚れるいたちごっこをやっています↓
スイフト汚れる

旧型スイフトの後方は、ワックスとかガラスコーティング施行をしても、ほぼ意味なし状態です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク 皆さんこんにちは(・∀・) 相変わらずスイフトであちこち出歩いてばかりいるsugiです。 なんやかんやで用事があるんでしょ...

って考えると、新型スイフトのケツって良いですよね(・∀・)イイ!!

ちなみに、この過去記事は『雑誌 クルマサイトの歩き方.vol1』で紹介されました(・∀・)

新型スイフトの外観エクステリアデザインは個人的に好きです。

旧型よりもシュッとしているので、クールで新しいものが好きで浮気性なsugiと相性ピッタリな車です。

まあ、外観エクステリアデザインは人それぞれ好き好きがあると思うので好きに判断したら良いと思います。

新型スイフトの内装が凄い!! 旧型スイフトオーナーsugi発狂。

新型スイフトの外装デザインを見た次はいよいよ内装です。

まず、兎にも角にも書きたいこと。

それは新しいって良いね(・∀・)イイ!! ってこと。

長くなるのでポイント毎にレビューしていきます。

新型スイフトの内装の質感が高い!? これは… もう別次元だよ。

新型スイフトに乗り込んで最初に思ったこと。

内装の質感が凄く良い(・∀・)イイ!!

旧型スイフトオーナーで世間知らずのsugiは、何だこれ!?って驚きです。

例えばダッシュボード辺り。

小物が入る収納ケースになっていて、デザインも実用性もGood!

新型スイフト_物入れ

しかも、見た目だけじゃない!

見た目と実益を兼ねているのは、ほんと日本車の良いところですね。

助手席側のダッシュボードにも小物入れが。

新型スイフト_グローブボックス

財布やスマホなんかの小物も入ります。

エアコンの吹き出し口なども綺麗にデザインされていると思います。

新型スイフトの内装に目立つ安っぽさは感じられません。

新型スイフト_エアコンパネル

内装の質感は旧型スイフトに比べてかなり改善されています。

改善というか、時代が変わったと言うべきでしょうか。

新型スイフトの内装の質感、本当に良いですよ(・∀・)イイ!!

新型スイフトのシートの座り心地は??

お次は新型スイフトのシートの座り心地について。

新型スイフト_助手席

新型スイフトのシートは程よく固めでした。

表面は柔らかく、深く腰掛けると程よい硬さがある感じ。

そもそもスイフトの足回りは固めなので、このぐらいのシートがちょうど良いかなと。

背もたれの部分の左右に出っ張りがあるので、ハンドルを強めに切った時に遠心力で不快になりにくいのも良いポイントだと思います。

これは街乗りでも良いですし、長距離もラクに運転できると思います。

新型スイフトのステアリングは持ちやすく操作しやすく快適

お次はステアリング(ハンドル)について。

新型スイフトのハンドルデザインはこんな感じ↓新型スイフト_ハンドル

握った時の質感は、旧型スイフトとは全く別物です。

とにかく質感が良いです(・∀・)イイ!!

ステアリングは他の同クラスの車よりも少し重めでずっしりしていました。

ハンドルの遊びは旧型スイフトとそこまで変わらない印象でした。

新型スイフトのハンドルは握りやすく、操作しやすいので良いですね。

また、このスイフトにはステアリングリモコンが付いてるんですね。

新型スイフト_ステアリングリモコン

私のスイフトは一番下のグレードなのでステアリングリモコンとは無縁だったので、ステアリングリモコンは凄く憧れています。

ステアリングリモコンは、カーナビを取り付けた場合にはステアリングリモコンが追加されたり、クルーズコントロールなどを付けた場合にもリモコンが追加されます。

※ステアリングリモコンはグレードとオプションによって仕様が異なります。

今回お借りした新型スイフトは左側にオーディオスイッチが付いていましたが、カーナビ・オーディオが付いていなかったので使うことが出来ませんでした。

新型スイフトはオートエアコン標準装備

少し古い価値観かもしれませんが、新型スイフトにはオートエアコンが付いています。

新型スイフト_インテリアパネル

私が乗っているZC11S型のスイフトがでた頃、オートエアコンが付いている車は少なかった/オプションだったようですが、新型スイフトにはオートエアコンが付いています!!

まあ、いまの車には当たり前のように付いているのでエアコンについては省略します(笑)

新型スイフト(XG-DJE)にはマルチインフォメーションディスプレイが採用されている。

運転していると車のメーターは必ず視界に入ります。

なので、メーターが中途半端なデザインの車は乗っていて楽しくなくなります。(個人的な意見ですが)

ですが、新型スイフトのXG-DJEグレードのメーターはクールでした(・∀・)

エンジンOFFの状態がこちら↓

新型スイフト_メーター

そして、エンジンをかけるとこんな感じ↓
新型スイフト_メーターかっこいい

一番左側から警告灯類、回転数計、速度計、水温計、ガソリン残量、ODOメーターとなっています。

ハイブリッド仕様なので、エコ運転を支援するようにメーターの色が変わるようになっています。

普段からエコ運転を心がける方にとっては嬉しい機能ですよね。

中央のマルチインフォメーションディスプレイには、アイドリングストップ節約燃料、アイドリングストップ時間、エコスコア、瞬間燃費、平均燃費、航続可能距離、外気温、オドメーターなどの表示も可能で多様性があります。

これは旧型スイフトには無かった機能なのでなんとも妬ましい羨ましい機能です。

個人的には、航続可能距離の表示が羨ましいですね。

航続可能距離なんて感覚的に分かりますが、やっぱり表示があった方が良いですよね。

新型スイフトの静粛性が凄い!!

新型スイフトの静粛性について。

新型スイフトの静粛性は旧型スイフトと比べるとかなり改善されています。

まず、エンジン音が静かです。

次にロードノイズが低減されています。

さらに、ドアの構造が旧型スイフトより良くなっているので、ドアを閉めた時の音も全く違います。

新型スイフトの静粛性は同クラスの普通車とくらべても優秀な方であると思います。

新型スイフト(XG-DJE)の走りは?? 走行性能 評価

正直バカにしていたCVTの車でしたが、新型スイフトに乗ってみて私の固定観念が変わりました。

やっぱり一度乗ってみないと車って分からないものですね。

自分の中では、CVTってもっと加速がモタついたり、急加速に弱かったり、エンジンブレーキが効かなかったり、パワーが無かったりといったものだと想像していたのですが、実際に乗ってみると全くそんなことありませんでした。

一般道でも高速道路での加速にも不満はなく凄く満足です。

ステアリングの遊びも適当で運転しやすいです。

特に直線での安定性が高いように感じたので、高速道路では楽に運転できると思います。

カーブが連続するワインディングロードでもしっかり反応してくれているので走ってみて楽しかったです。

新型スイフトの足回りのチューニングは他の同クラスの車よりは固めです。

運転手にとっては程よい硬さで、路面の状態が分かりやすいので個人的には運転しやすかったです。

スポーツカーほどガチガチの硬さではありませんが、普通車よりもサスは少し固めだと感じました。

1つだけ残念なポイントを挙げるとするなら、スイフトは意外と小回りが効かないことですね。

狭い道路での転回が少々厳しいかったです。

また、新型スイフトの加速に不満があるならシフトノブの↓

新型スイフト_シフトノブ

↓この『S』って書いてある黒いボタンを押すと回転数が落ちてエンジンブレーキが掛かります。

逆にアクセルを踏めば、いつもより加速がよくなります。

新型スイフト_スポーツモード

高速道路などでの合流時に使うと便利な機能です。

新型スイフトはフォグランプも付いている(一部グレードはオプション)

個人的に魅力的だったポイントがもう1つ。

フォグランプです。

新型スイフト_フォグランプ

今回お借りした新型スイフトが人生初のフォグランプ体験でしたが、坂道を登っている時やカーブの時に真下が見えるようになります!

フォグランプはドレスアップ目的というのもアリですが、マジであった方が良いライトです。

特に下側を擦ったり、左側をよくぶつける方にはおすすめ。

私も次に買う車には絶対フォグランプを付けたいと思いました。

フォグランプのスイッチはここでON / OFFが設定可能↓

新型スイフト_設定

新型スイフトはスマートキー式 エンジンもプッシュスタート

新型スイフトはスマートキーをポケットやバッグにしまった状態でもエンジンがスタートできる『プッシュスタートシステム』が採用されています。

これは言うまでもなく便利です。

鍵をいちいち取り出す手間が省けるので、一度慣れてしまうと辞められません。

新型スイフト_エンジンボタン

そして、こちらがスイフトのスマートキーです↓

新型スイフト_スマートキー

新型スイフトのスマートキーのデザインは旧型よりもスマートになっています。

ドアのロック/アンロックをリモートで行えます。

ボタンが大きいので操作性は良いです。

反応も障害物が無ければ割りと遠い位置からでも反応してくれました。

新型スイフトを試乗してみての感想 新型スイフトは買いか!?

いかがだったでしょうか?

やっぱり自分が好きで乗っているスイフトの新型ですから以前から気になっていました。

ようやく機会を得て乗ることが出来たので個人的には大満足でした。

200kmほど走った最終燃費はリッターあたり20kmちょいでした。

メーカーカタログ値よりは低かったですが、街乗りだったのでまずまずの燃費だと思います。

今の車って燃費良いですよね(笑)

まあ、私の乗っている旧型スイフトもマニュアル車なので、頑張ってリッター20で走ってくれていますが…(笑)

【随時更新】スイフト MT(マニュアル) 燃費 記録ページ
スイフトの燃費 記録 このページではスイフトの燃費を記録していきます。 同じスイフト乗りの方、年式が近い・MT/ATの方も是非参考に...

新型スイフトは個人的にかなり魅力的な車でした。

実のところ、新型スイフトを乗る前まではCVTの車をバカにしていました。

燃費を優先して走りを犠牲にした車なのではないか? って先入観があったので。

でも、乗ってみてその印象はガラッと変わりました。

新型スイフト、走ってて楽しいじゃねーかっ!!(笑)

でも、ここまで新型スイフトを褒めてきましたが、なんだかんだ言っても今自分が乗っているスイフトが一番のお気に入りです!笑

とりあえずいまのスイフトで20万キロ走ってから買い替えを考えたいと思います。

以上、新型スイフトの試乗レビューでした。

では。

新型スイフト 2017年モデルの記事はこちら

新型スイフトが遂に発表!! 新型スイフトの変更点は?? 新型スイフト情報 まとめ
つ、ついに発表されました!!! 皆さんこんにちは(・∀・) 現スイフトオーナーのsugiです! ついに本日、新型ス...

新型スイフト 2017年モデルの試乗記事はこちら

新型スイフト ハイブリッド RSに乗って軽く触ってきた!!
みなさんこんにちは(・∀・) 実は昨日、山形のスズキアリーナに行ってきました!! いま乗っているスイフトの点検をしてもら...

クルマの価値がすぐに分かる!? 無料見積もりサイトがおすすめ


%e8%bb%8a%e4%b8%80%e6%8b%ac%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81


ところで、車の買取価格をネット上で比較できるサービスがあることをご存知でしょうか?

今回は最大7社から無料でメール見積もりを取ることが出来るサービスを紹介します。

車の買取価格にも『相場』というものはありますが、会社によって車の買取価格は大きく異なります。

そのため、車の売却を考えはじめた段階から出来るだけ多くの会社に車の買取価格の見積もりを出して貰うのが一番おすすめです。

でも、近くの車屋を1件1件周っていたのではとても手間が掛かりますよね…

そんな時におすすめしたいのが一括見積もりサイトです。

ちょっとでも車を売りたいと思ったら、ネットに必要な情報を入力するだけ!

すると、最大7社から一括で車の買取価格の概算がメールで送られてくるのです!

多くの業者から一括で見積もりを貰うポイントは…

ポイント1 : なんと言っても、ネット上で無料で査定できる。
ポイント2 : 自分の車の買取相場が分かる。
ポイント3 : ディーラーや次に車を買う店と買取価格の比較ができる。
ポイント4 : 複数社で一番高い金額を出したところに売れる。
ポイント5 : 7社もいれば大抵一番高い金額が出てくる。

といったメリットがあります。

無料のサービスなので、車の売却がまだ先であっても一度車の買取価格を把握しておくだけで次の車選びが現実味を帯びてくるのでおすすめです。

また、真剣に売却を考えている方は7社から届いた概算金額の中から高く買い取ってくれそうな業者だけを選別することも出来ますので、一度使ってみて損のないサービスだと思います。
ちょっと空いた時間を使って愛車の価値を調べてみてはいかがでしょうか?

>>クルマの無料一括査定はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする