Apple Watchは買いか!? Apple Watchの使い道や活用術は?? 徹底レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

今日は価格が下落してきているAppleのApple Watchを購入してみたのでそのレビューをしてみたいと思います!

今回買ったのは、スポーツモデルのAppleWatchです。色は白です。

まずは箱です。一見宝石箱かと思ってしまいます。

価格相応の高級感ある箱はGoodですね!

Appleウォッチ箱

付属品はこんな感じ。

一応替えのバンドも1つ附属しています。

Appleウォッチ

AppleWatchスポーツの説明。今回は42mmの方を買いました。

37mmだとあれば私にとっては小さすぎますので…
applewatchレビュー

お待たせしました!

こちらが本体です!
AppleWatchかっこいい

電源を入れると、ホーム画面が表示されます。

まず気になったのは質の高さです。

AppleWatchの質感は非常に良いです。

所持するだけでステータスになるというか。持っていてよかった。と、思わせてくれるデザインに仕上がっていると思います。

特に、ガラス面は軽く引っ掻いた位ではまず傷は付きませんし、時計のベルトの質もなかなかのものです。周りにアルミを使っているのも、高い質感と剛性を感じられるのがGoodですね。AppleWatchディスプレイ強度

スポンサーリンク

横の物理ボタンは2つだけ。

これで本当に使えるのか不安でありますが、Appleらしいシンプルさです。
AppleWatchデザイン

裏面にはセンサーと充電機能が付いているらしいです。

なんか未来的でカッコ良い感じがしますね。
AppleWatch防水性

ちょっと気づいたのですが、白だと汚れが目立ちそうです。

私の学校では、鉛筆や木炭を使ってデッサンをする講義があるので、ちょっと心配です。

まぁ、汚れても激落ちくんで擦ってしまえば落ちそうな素材ですがね。笑

AppleWatch充電

充電する際には、このような感じで充電します。

聴診器を胸に当てるような感覚です。

一応磁石が付いているので近づけると勝手にくっつきます。AppleWatch充電器

充電中の様子はこんな感じです。AppleWatch充電器聴診器

時計モードは実に様々です。

本当にシンプルなデジタル時計からAppleWatch地球時計

ちょうちょがいたりAppleWatch時計_画面種類

ミッキーマウスも登場します。
AppleWatchミッキー時計

こちらが普通のアナログ時計。

文字盤がくっきり見えるので先進的でカッコイイと感じました。

ここまで、思ったよりAppleWatchはいい感じです。
AppleWatchレビューしてみた

ストップウォッチ機能も実に優秀でした。

見やすいし、横で使っていたらカッコイイでしょうね。

クールです。AppleWatch心拍数

AppleWatchは普通の時計としては十分に実用的だと思います。

充電の持ちも1日は持ったのでまず合格です。

一方で防水性に関しては、まだまだでしょう。一応生活防水レベルはクリアしているとのことではありますが、最低でも10m防水位には対応して欲しいですね。

今後の期待します。AppleWatchホーム画面

一応ランニングやヘルスケアといった運動をサポートするアプリケーションが増えているようです。

AppleWatchでダイエットをする時代が訪れるかもしれません。AppleWatch運動

あと、要るのか分かりませが心拍数を測定する機能が標準で付いています。

この機能は誰得でしょうか??疑問です。
AppleWatch心拍数測定

天気も出せます。

ネットワークの回線は親機のiPhoneを利用しています。

スポンサーリンク

Bluetoothでペアリングして動く仕組みのようです。通信料はそんなに食わないので海外で使用する場合で無ければ通信制限を喰らうようなことはまずありませんね。AppleWatch電話機能は使えるか

電話をする時の操作は実に簡単。ところが、周囲に会話が丸聞こえになるのはどうしたものでしょうか…

実用面で言えば疑問ですね。

あ、一応AppleWatchにスピーカーは内蔵されています。
AppleWatch電話

AppleWatchの通知タスクです。

機内モード・おやすみモード・マナーモードが選べます。

通常は音とバイブレーションで通知が来るので分かりやすいです。特に腕にいつも巻きつけているので、バイブレーションでの通知は100%分かりますので有難いですね。
AppleWatch接続機器

AppleWatchには省電力モードというものも存在します。

確かに長く使えるようにはなりますが、あまり要らない機能?な感じがどうしてもしました。
AppleWatchバッテリー駆動時間

あと、パスコードでAppleWatchをロックすることも可能。

これは、腕に取り付けた段階で1度入力すれば後は腕から外すまで入力しなくてOK。

これはいちいち入力しなくていいので便利ですね。AppleWatchパスコードROCK

まとめ

次世代のウェアラブル端末(身に付ける端末)であるということを考えれば、ほぼほぼ実用的な機能が詰まっていて、Appleブランドが付いていることを考えると、とても良い製品ではないかと思います。特に、画質と質感は非常に気に入りました。あと、常に画面が点灯している訳では無くて、自分の目の前に時計を持ってくると中に入っているジャイロセンサーか何かが反応して画面を表示する仕組みとなっています。

ただし、使い方によります。アプリがまだ充実していなかったり、そもそもウェアラブル端末という市場が確約していない現時点においてAppleWatchはAppleファンの為の時計と言わざる得ません。

Appleが大好きでAppleの時計が欲しい方にとってのAppleWatchと、AppleWatchでメールをやりとりしたり電話をしたりといったバリバリのビジネス用途とでは差が出てきてしまうのは当然です。しばらくは、趣味と見せびらかしを兼ねた時計であるような気がします。

買い時はあと2年後でしょうかね。

とりあえず、私は4万近く払って買ったのであと1年近く使ってみたいと思います!

購入を検討されている方の検討材料になれば幸いです。

追伸

AppleWatchの発熱性ですが、そんなに熱は持たないようです。

関連商品

スポンサーリンク