【Mac購入検討ユーザー必読】用途別Macの選び方 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

みなさんこんにちは(・∀・)

リンゴ族のsugiです。

いやー、最近は本当にMacユーザーが増えましたね(笑)

私が住んでいる田舎のカフェでさえWindowsよりMacを多く見かけるようになりました。

appleに大きな追い風が吹いているようです。

しかし、横からチラチラとMacで何をやっているのかをこっそり覗いてみると、みんなせっかくのMacを使いこなしていないような…

トラックパッドがあるのにロジクールのマウスを使ってみたり、Mac同士でのデータ移動にUSBを使ってみたり、キーボードのショートカットを使っているユーザーとは未だに巡り合わない…

そんなに多くの人のパソコンをマジマジと見ている訳ではないので確信して言えませんが、それにしても微妙です、、、

なので今回はリンゴ族の私が100%お節介ではありますが、これから3回に分けてAppleのコンピューターの便利な点を紹介してみたいと思います!

Appleコンピューターのラインナップ

Appleが2015/12/14時点で販売しているパソコンは、iMac、Macbook、Macbook air、Macbook Pro、Mac mini、Mac Proとなっています。

いずれも、高性能なコンピューターで、インターネットで動画を見たり、外出先で利用したりした際でも(ノートモデルに限る)バッテリーも充分以上に持つモデルがそろっています。現時点でスペック順に並べると、

Mac Pro > iMac > Macbook Pro > Mac mini >Macbook Air >Macbook

となります。

どこでも気軽にインターネットや動画を楽しみたい。

どこでも気軽にインターネットを楽しめて、YouTubeやiTunesでiPhoneの同期をしたい!

あと、大学のレポートとかオフィス、表計算がしたいなーという方は、ノートブックがオススメです。

MacbookやMacbook Airあたりがオススメですね!

この2種モデルは、バッテリーの駆動時間が長いことと、上記の動作であれば余裕でこなせること、そしてなによりも軽いのが特徴です。

IMG_2945

スポンサーリンク

自宅にiMacかMac miniをおいて、外ではAirやProを使うスタイルを取る方は増えています。

この2台持ちスタイル。最高なのですが多くの方はどちらか片方だけ使って片方は使わなくなって結局手放すといったケースが多いようです。

ヤフオクに質の良いMacが多く出回っている理由の1つがコレです!

そんな方にアドバイスしたいのはMacのデータを共有すること。これに尽きます。

データを1箇所に集めるクラウドシステムやNASなどを用いればストレス無く2台持ちをすることが出来るのではないかと思います。

まだ実践していない方、思い当たる節がある方はデータを1箇所に集めて管理されてみてはいかがでしょうか?

そうすると作業効率も上がり、2台とも活用することが出来るのではと思います!

maya3

3D系やレンダリング。要するに書き出し作業が多い仕事に関しては、とにかくデスクトップをオススメします。

画面が大きくないと仕事がしずらいでしょうし、何よりも消費電力が大きいのでコンセントから直接安定して取れる面でもデスクトップが安定しています。

よほど重くないかぎりは、iMacやMacminiでも充分なのですがそれでも足りないくらい思い作業をする時にはMac Proがあります。

こちらは、カスタム次第では100万円を軽く超えるモデルもあるぐらい高価で高性能なMacです。

世間ではゴミ箱と称され親しまれていますが、現在販売されているコンピューターの中でもトップクラスの性能を誇っています。

勿論スパコンには敵いませんが、もしもMac Proを数台並べて同時に処理をさせたら…

なんかヤバそうですねw

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする