2009年製のiMac ジャンクを買ってきて修理してみた! Part1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR
言語:

スポンサーリンク

皆さんこんにちは・ω・

最近ブログ更新できなくてごめんなさい(汗)

最近は卒業に向けた制作があったりで忙しかったので、、、

iMacジャンク修理_2009年27インチimacジャンク修理方法

さて、今回のお題は「ヤフオクでジャンクiMacを買って修理してみよう!」です!

で、早速ヤフオクで適当なiMacを見繕って購入!

ちなみにスペックはこちら↓

iMac 27インチ WQHD

CPU : Core i5

メモリ : 12GB(増設済み)

HDDなし(ジャンクなので)

☆ジャンク理由は電源は入るけど白い画面でフリーズする。

HDD取り外し済。HDDマウント欠品。画面曇りあり、マウスキーボードは純正付属(傷みあり)でした。

今回iMacを購入しようと思ったきっかけは、そろそろデスクトップのiMacが欲しいと思ったからです!

色々あって大きな画面でまた作業がしたくなったのが一番の理由です。

最初はMacを2台も3台も持って使い分けたりデータの扱いが面倒だと思ったりもしたのですがトータルで考えた時に部屋に1台iMacを置いておくのが良いかなーとの結論になり、いつもながらヤフオクで安く売っていないかジャンクを探して今回購入した訳です。

やっぱり人より物を安く仕入れる術であったり、修理することが出来るノウハウがあるというのは大きいです。

自分で言うのもなんですが、いつもながらかなり得をしていますねw

皆さんも興味があれば修理技能と商品を安く買う方法を身に付けられれば今よりもかなり良い生活が出来ると思いますのでオススメします!

さて、私が今回選んだジャンクiMacは画面サイズが27インチであること、CPUがi5であること。

メモリが12GB搭載されていることが購入のポイントになりました!

やっぱり大きい画面が欲しいという欲があった為27インチという条件は見逃せませんでした!

また、スペック的な話でこの1世代前のCore 2 DuoのiMacがあるのですが、実はこのiMacのジャンクを私が高校生の頃に購入して修理して使っていたことがあったのでしたw

その時点でもスペック的に限界が見えていましたので、今回はCPUは絶対にi5にしようと決めていました。メモリは、後から幾らでも増設できるのでどうでもよいのですが、今回は運良く12GBも入っていたので助かりました!

では今回もiMacを蘇らせましょう!

次回の修理編に続く

関連商品

スポンサーリンク