2009年製のiMac ジャンクを買ってきて修理してみた! Part3 -またまた修理編+設置編-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言語:

みなさんこんにちは・ω・

前回の続きです。

あれから結局色々と探してみたのですが、某パソコンショップに行ったら先日購入したiMacのジャンクと同モデルが安く売られていましたw

こちは1TBのHDDを内蔵しており、動作に問題は無いとのこと。ただし、またしても画面に曇りがあるとのことww

このモデル画面曇りすぎでしょww

しかし私が探していたモデルとドンピシャだった為即買いですw

値段は55,000円でした。ジャンクと2,000円しかかわらねーw

家に持ち帰り、先日のジャンクからメモリを取り外して増設。さらに、ガラスパネルを交換しました!

するともうピッカピカのiMacの出来上がり!

早速、データなどを今のMacBook Proからコピーします。

今回から外付けの4TBを新たに購入してそこにデータをまとめておくことにしました!

これからデータをやり取りする際には、iMacを親機にしてローカルネット内でファイル共有をしていこういと思います!

あれから一段落して完成したiMacがある部屋がこちら↓

imac mid2009 27インチモデル SSD性能

imacのある部屋

いかがでしょうか?

やっぱりBOSEとiMacは相性が良い!

iMacがあるだけでとても綺麗な部屋に見えますw

これぞ中学、高校の頃から夢見ていたmacのある部屋です。

あれから5年経ってようやく夢が叶いましたw

とりあえずしばらくこの環境で作業をしつつ、不満などがあればまた新たに変更していきたいと思います!

次回はiMac2009年モデルのレビューをしたいと思います!

次回に続く

関連商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする