【新社会人必見!!】社会人になる前に気を付けたいこと3つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言語:

みなさんこんにちは

社会人1ヶ月目のSugiです!

今回は私が社会人になってから気づいた「社会人になる前に気をつけたいこと3つ」を紹介したいと思います!

これから入社する方、会社見学に行こうと思っている方は必見です!

1、挨拶はしっかりと

13de490abce8831efc1307d14edb1eaf_s

何に先立つにも一番重要なのは、やっぱり「挨拶」ですね。

私も中学の時に部活で剣道をやっていたのですが「挨拶」に関しては、とにかく厳しく注意された記憶があります。

新卒の社会人に限らず、人として「挨拶」をしない人間はダメですね。

元気よく「挨拶」が出来れば、相手に「やる気」であったり「誠実さ」などを伝えることが出来ます。

学生の方は挨拶を「たかが挨拶」と軽視しがちですが、挨拶の声量であったりお辞儀であったりを適当にしてしまうと、相手に与える印象は最悪です。

挨拶は「大きな声でハキハキと」が重要です。

2、理不尽上等!

cea8d5c95d234f5bcda87da509021152_s

社会は面白いほどに理不尽です。

例えば会社の始業開始10分前に会社に着いて仕事の準備や掃除をしていた時のことです。「私はやる気がありますよ」アピールをしていたつもりだったのですが、会社の人間は「先ずはお客さんに電話アポをやれ!」って逆に注意されました。まだ始業開始時間前だったので掃除をしていたのにですよ?

こんなのは序の口です。

結局は上の人間の気分で決まるようなものですから。

無謀な理不尽に耐える必要はありませんが、程々が大事です。いちいち言われて気にしていたらキリがありませんからね。

ここは相手の意見を尊重しつつ無理の無い範囲で自己改善をしていくことを心がける必要があります。

間違っても言い訳や反論は厳禁です。

反論してもいいですが、なによりも面倒です。

理不尽なことを言われたら「じゃあお前は出来るのかよ?」と、心の中で思いながら改善と反省の姿勢を見せましょう。

そうすれば相手の立場も守れるし、自分もいちいち悩まなくて済みます。

こんな感じで理不尽といかに向き合うかが社会で生きていくスキルです。

3、会社からお金を貰っているということ

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

学生はお金を払って学校に通います。

会社はあなたにお金を払って来てもらっています。

その認識をいつも頭の片隅に置いておくことを忘れてはいけません。

新卒で入社する営業マンなんて、本格的に使えるようになるのには最低でも3ヶ月から1年はかかります。

その間は、はっきり言って「給料泥棒」以外の何者でもありません。

学校はあなたに何かを出来るようになることを求めていますが、会社の場合はいかに利益を持ってくるか。それだけです。

会社がお金を払うということは、労働に対する「対価」を支払っているということです。

ですので、最低でも給料分かそれ以上の働きをすることが当たり前です。

学生の頃の怠けや、他人任せでは一切通用しません。

お金を貰うというのはそういうことです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

社会人は厳しいですよ。理不尽と戦い、給料と戦い、自分自身との戦いです。

営業職に関して言えば、明確なキャリアや役職が無い分、完全実力主義と言ってもいいでしょう。

実力の無いものは去っていきます。それだけです。

これから入社する方は出来るだけ早い段階で学生気分を捨てて社会に適合出来るかにかかっています。

以上参考になれば幸いです(´・ω・`)

では。

関連書籍

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする