過走行な車は大丈夫!? 中古車を買う時に注意するポイントをまとめてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

スポンサーリンク




みなさんこんばんは(・∀・)

4月に中古車販売店に就職してから早いもので3ヶ月が経過しました!

そろそろ仕事に慣れてきた時期でもあり、それと同時に仕事を辞めたくなる時期でもあります。

さて、今回は私が3ヶ月だけではありますが中古車業界を覗いて見ての感想というか中古車を買うポイントをまとめたいと思います!

これから中古車を買おうと思っている方の参考になれば幸いです!

そもそも新車と中古車ってどっちがお得!?

styling2

「車が欲しい」と思ったら新車を買うか中古車を買うか、またまた「海外から個人輸入してくる!」なんて方法も…(笑)

まぁ多くの方は新車か中古車を購入すると思います。

では、そもそも「新車」と「中古車」のどちらがお得なのでしょうか??

新車を買うメリットって??

10101072_201211r

新車を買うメリットは当然ながら「新品」であること。

それに尽きます。

他には、綺麗であることや、メーカーオプションを自分で選べること、故障の心配が少ないこと、保証がしっかりしている。などが挙げられるかと思います。

一方でデメリットもあります。

それは「高い」こと。

まあ、当然ですね(笑)

なので、新車で買った場合に得するのは…

本当に車を大切に乗りたい方、

長く乗りたい方(5年以上)、

あまり距離を走らない方、

税金対策、

神経質で人が使ったものが嫌な方、

車と人生を共に歩みたい方、

自分の命よりも車が好きな方、

………

といった感じの方には新車をオススメします。

車を大切に乗りたい方や長く乗りたい方は間違いなく新車を買った方が良いと思います。

中古車を買うメリットって??

disp_pic2.cgi

スポンサーリンク

一方で中古車のメリットは「安い」こと!

販売店によってはディーラー下取り車であることや、過走行車、事故修復車などの理由から信じられないほど安値で販売されている場合があります。

探せば自分の条件にあった中古車が必ず見つかります!

皆さんが考えている以上に中古車市場の在庫数は豊富なんですよ!

中古車の最大のメリットは安さですが、実はそれ以外にもメリットはあるんです!

例えば…

金額が安い←大前提

日本車は基本壊れない。

オプションやカーナビ・レーダー探知機・ETC類が最初から付いている/付いている車を探せる。

カスタムされている車を探せる。

ディーラー中古車であれば安心保証が受けれる。

背伸びすれば1世代前とかの高級車が買える。

………

ちょっと背伸びして高級車やスポーツカーを買う方もいますね。

新車では夢のまた夢であっても、旧型の車や、グレードの低い車など、探せば探すだけあります。

中古車はある意味で夢を与えてくれるのかもしれません(笑)

まあ、一般ユーザーには関係ない話でしたね。

車を「足として、道具として」しか考えていない方には新車よりも中古車の方がオススメです。

理由はコスパが良いことです。

購入金額が安くて走行距離なども気にせず乗り潰せるメリットがあります。

実際、私が所有しているスイフトは18年式で距離が7万キロに迫るところです。買った時は3.5万キロでした。

私はスイフトを20万キロ乗り潰すとブログで明言しています。

スポンサーリンク

多分、普通に20万キロは走れると思います(事故らなければ)

過走行車は本当にお買い得なの!?

960293_828493443907219_221243902799034370_n

よくカーセンサーなんかで「安い順」で並べ替えると「高年式」か「過走行車」のどちらかが出てくると思います。

高年式で価格が落ちるのは当然だとして、果たして「過走行車」は大丈夫なのか?

疑問に思いつつも、実際のところ知らない方が多いのではないでしょうか。

私の経験から言えば、過走行車でも大丈夫な車とダメな車があります。

例外なくダメなのが「外車」ですね。

ベンツやBMWは5万キロ前後がとりあえあずの寿命です。そこからウォーターポンプやら何やら交換が必要になります。

あ、別に乗れなくなる訳ではありませんよ。維持にお金が物凄く掛かるという話です。

型落ちの外車が安く売られていたら要注意です。

他に過走行車でも大丈夫な判断基準(私的)をざっくりだけ紹介します。

※私的意見なので間違ってたらごめんなさい。

どのぐらい走ったら外車は『過走行』って言うの??

20151503_201601

外車の過走行の定義は7〜9万キロ以上だと考えて良いと思います。

外車に乗っているオーナーさんで維持費が掛かることが分かっている方は大抵3年で手放していると思います。

外車は値崩れも激しいので2、3年で乗り換えるのが一番賢いらしいです。

22、3年以降の外車は割りと丈夫に作られるようになってきましたが、それでもコンピューター制御がメインの現代車は寿命が早いです。

事実、新型車は発展途上国に持って行ってもあまり売れません。旧型の車は叩いて治りましたが新型車は叩いたら余計壊れますからね。※コンピューター制御の車なので。

過走行車で大丈夫な車は海外でも走っているクルマ

nihonsha

日本車が海外(発展途上国)に輸出される時には大抵10万キロからとなっています。

つまり、海外では10万キロ〜の車がメインで走っているということになりますよね。

なので海外で走っている日本車であれば、過走行車であっても大抵は大丈夫と考えられます。

例として、ハイエース、トラック系、ヴィッツ、オデッセイ、ランドクルーザー、とかとか。

大排気量車は基本20万キロは余裕

2,500CC〜の大排気量の車は基本強いです。

高排気量の車はエンジンの作りがより精巧で長持ちします。

また、小型のエンジンに比べてヘタりにくいです。

なので大排気量のエンジンを搭載した車は20万キロ程度であれば余裕です。

過走行車の注意点

過走行車のメリットは安いことですが、買ってからあちこち故障して修理しているのでは結果として高くついてしまう可能性があります。

なので、点検記録簿やエンジンオイルの交換履歴などをチェックしてから買うことをオススメします。

また、過走行車であってもワンオーナー車であれば故障確率は低いです。と言うのも違う人が代わり代わりで運転しているよりアクセルなどに変なクセがついていない場合が多いので比較的故障しにくいからです。

ちなみに海外で走っている日本車は2,30万キロぐらいが平均です。

それを聞くと、5万キロとか10万キロで手放そうとしている日本の風習は…

事故車は本当にお買い得なの? 買っても大丈夫なの??

Two cars crashed. Close up image

事故車・事故修復車は買って大丈夫なのか。

安さに目が眩んで購入を検討する方が多いようですのでちょっとだけアドバイス。

前側を修復した車は要注意。

後側を修復した車は、まあ大丈夫。

横を修復した車も、まだ大丈夫。

屋根を修理した車は後の祭り。

です。

では、詳しく説明しましょう。

前側を事故で修理した車の場合

前側(フロント)を事故などで修理した車は要注意です。

前にはエンジンがありますし、ステアリングもあります。

ハンドルを切った時に異音がしないか、カタカタ言わないかを確認する必要があります。

また、ある程度スピードを出してもまっすぐ安定して走れるかも試乗して確認しておくと良いでしょう。

エンジンまで押される衝撃でぶつかった車は、長い目で見ると修理代のリスクがあるので保証付きで無ければ避けるのが無難かと思います。

後側を事故で修理した車の場合

後ろ側は、さほど重要なパーツがないので後ろ側の事故車は割りとお買い得なのが多いです。※後輪駆動車は除く。

せいぜいバックしていた時に強くぶつけた。とか、追突された程度であると思います。

走行に直接影響が出にくいので、後ろ側の修理であればそこまで重く受け止めなくても大丈夫です。

横側を事故で修理した車の場合

横側を事故で修理した場合。

これもギリギリ大丈夫です。

高速走行時に安定していれば特に問題はありません。

屋根を事故で修理した車の場合

屋根を事故で修理した場合。

乗っていて特に不都合な点はありませんよね。

「走行中に突然屋根が飛んでいった。」なんて話は聞いたことがありませんからね(笑)

ただ、屋根に修復歴があると買取時の査定価格でマイナスを喰らいますのでその点だけは覚えておくと良いでしょう。

過走行になってしまったクルマの価値を調べてみる。



逆に過走行まで走ったクルマを売りたい方のためにちょっとだけ書きます。

営業車や遠出が多いクルマなど。

いくら大切に乗っていても走行距離が10万キロを超えてしまったクルマは高く売れないと思っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、走行距離が多くても年式や状態によっては高値でクルマを売ることも出来るんですよね。

クルマには買取相場というものがありますが、世界に1つとして同じ状態のクルマはないので結局は買取査定をする業者や会社によって金額が変わってきます。

そこで、いまのクルマの価値を調べる方法を1つ紹介しておきます。

それが『クルマの一括査定』です。

クルマを売ろうと思った時に一度に複数社から見積もりが貰えますのでクルマを売ろうと思った時に一度利用してクルマの相場を調べてみると良いと思います。

過走行であっても海外に持っていけるクルマや需要があるクルマは金額が比較的残りやすいので一度愛車の価値を調べてみると良いと思います。

同じ状態のクルマは世界中どこにも無いので

買取時には複数の会社と比較して高いところに売るのが一番オトクです。

クルマの価値を調べたい方はこちら↓

%e4%b8%80%e6%8b%ac%e6%9f%bb%e5%ae%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88

過走行のクルマは本当にオトクなの?? まとめ

いかがだったでしょうか?

車は大きな買い物ですので、よく考えて、相談して、信頼できるお店で購入することが大前提です!

特に過走行車や事故修復車などは、信頼できるお店か、ディーラー中古車や認定中古車、中古車量販店で購入することを強くオススメします。

過走行車や事故修復車に対する偏見が未だ根強い所ではありますが、少しでも参考になれば幸いです。

では。

過走行のクルマにおすすめのメンテナンスグッズ

多走行のクルマのエンジンを綺麗に復活させる

スポンサーリンク