グリーンハウス 液晶ディスプレイアームでiMacをデュアルディスプレイ化してみた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

実は先月に会社を辞めてから作業環境をより良くしようと実はあれこれやっていました。

これからはパソコンで本格的に稼ぎますのでその準備という訳です。

で、今回はグリーンハウスというブランドから出ている『4軸モニタアーム』をAmazonで購入しました。

実は私が高校生の頃に自作パソコンを作ったりしていた頃からグリーンハウスのモニターアームは目をつけていたのですが、必要性を感じず購入まで至らずにいました。

ところが千葉の方に引っ越してからデスクが小さくなったのでモニターアームを買ってきて、デスクの外に出っ張る感じで配置しようと考えた訳です。

個人事業主なりたてsugiの作業デスク <作業前>

前にも紹介しましたが個人事業主になったばかりの私の作業デスクはこんな感じ。

imac 新居作業環境復活

私はMacを2台所有していてMacbook Pro13インチと5KモデルのiMacを並行して使っている感じです。

5KのiMacは作業領域が広いし、凄く画面が綺麗なので(解像度が4Kよりも上なので)Lightroomとかで撮った写真を現像する時なんかはかなり重宝しています。

あとは以前も紹介したBose Companion20。

これは凄く良い音が出るのでパソコン前で作業する時は必ずといいほどBoseのスピーカーから音楽が流れている感じです。

また、上の方にはNEC製の激安レーザープリンターがあります。

このレーザープリンターは凄いコスパが良いのでおすすめ。

買ってからカラーで500枚ほど印刷していますが未だにインクが無くならないんですよね。

レーザープリンター、恐るべしです。

まあ、ごちゃごちゃしている割にデスクが小さいのではっきり言って狭いです。

正直これ以上は物を増やしたくないというのが本音だったりします。

でも、やっぱりデュアルディスプレイ・もしくはトリプルディスプレイ(3画面)に憧れます。

やっぱりWebの仕事している方は分かると思うのですがHTMLやCSSやPHPのソースコードを表示するだけでも3ウィンドウが立ち上がりますし、ウェブ上で表示確認するのにも1ウィンド必要で、さらに調べ物をしながらやって、画像ファイルとかPhotoshopとかIllustratorとか開いてスライスして…

なんてやってたら、とても1画面では作業効率が悪いんですよね。

グリーンハウスの4軸モニタアームを買ってみた

そんな経緯があって今回はモニターアームとモニターを買ってきてiMacをデュアルディスプレイ化することにしたのでした。

Mac OSも以前はデュアルディスプレイがやりにくかったのですが(個人的に)ここ最近のYosemiteから?Mavericksからかな?

その辺りからMacでデュアルディスプレイをやった時のウィンドウの扱いとかが良い感じになったのも、iMacをデュアルディスプレイ化しようと思い立った理由の1つだったりします。

で、今回もAmazonでポチりました。

今回はグリーンハウスから出ている4軸モニターアームを購入。

モニタアーム注文した

今回購入したグリーンハウスのモニターアームは、3千円しなかったのでかなりお買い得でした。

こんなに安いなら考えなしに高校生の頃に買っておけばよかったですね。

高校の頃の俺は何をやってるのやら…

まあ、とりあえあず今回はグリーンハウスのモニターアームを購入しました。

グリーンハウスのモニターアームを選んだ理由は値段が安かったことと、Amazonでの評価レビューが高かったから信じて購入してみました。

グリーンハウスのモニターアームを開封すると、元軸の棒と、先っちょのマウントアダプタが別になっていました。

組み立て工具も最初から付属していたので、ぱぱっと組み立てます。

組み立てから設置までものの5分。

ラクですね。

で、ざっと位置決めして取り付けたのがこちら↓

アーム取り付け

作りは割りとしっかりしていて(値段の割に)良い感じです。

下の金具をしっかり固定すれば、グラつくこともなくしっかり支えてくれている印象です。

それよりも机が狭いのが本気で気になってきました。

モニターアームに取り付けるディスプレイも買ってきた

今回はDELLのフルHDディスプレイを購入。

中古で6千円ほどで購入です。

imac 2画面作った

私はパソコンでゲームはやらないので、応答速度とかは見ていません。

それよりも色と作業領域(解像度優先)の方が重要だったのでDELLのこのモニターを選びました。

これからモニターを購入される方は、フルHDでHDMI対応でオーディオ出力にも対応している22インチ、23インチ、24インチ、27インチのモニターが個人的におすすめです。

前提はパソコン用のディスプレイですが、将来的にPS3とかTVチューナーとか繋いで使うことも視野に入れているのであれば、オーディオ穴があるか・内蔵スピーカーが付いているか。

なども確認しておくと良いと思います。

中古で安いディスプレイだとそういった箇所を見落としがちなので注意です。

スポンサーリンク

モニターアームにディスプレイを取り付けてデュアルディスプレイ化完了!

imac2画面

スポンサーリンク

さて、設置したモニターアームにディスプレイを取り付けていきます。

ディスプレイ側に付いているネジを使って固定していきます。

ディスプレイによっては重かったり軽かったりするので落下して液晶を割らないように注意しましょう。

ところが、ここで痛恨のミスが。

本当はモニターを縦に取り付けたかったのですが…

残念なことにサイズが合わなかったです。

モニターアームをもう1つ上のサイズのものを買うしかないようですね…

今回買ってみてわかったのですが、モニターアームは余裕を持たせて大きめのものを買っておくのがおすすめでした。

将来的にディスプレイを替えたり、部屋や机の模様替えをした時に対応出来た方が便利かと思いますので。

サイズをしっかり図らなかったことが今回の失敗の要因です。

皆さんはしっかり採寸しましょうね。

と、まあ縦にはできなかったもののちゃんと取り付けが出来ました。

モニタアームレビュー

意外と横に出ちゃいましたね。

これは視線が慣れるまで大変そうです。

あー、縦にしたかった。

で収まりは悪いですが、夜にライトで照らすとそれっぽくなりました。
モニターアームを買ってみた

角度を変えてみるとこんな感じに↓imac5kモニタアーム

モニターが宙に浮いているような感じの見た目になるので、デザイン的にもカッコいいと思います。

これは好き好きだと思いますが、私は好きです。

お酒写ってますがお気になさらず(笑)

仕事より酒です。

気にしないでください(笑)

モニターアームを使ってみた感想

いかがだったでしょうか。

私が使っているiMacも5Kモデルなので普通のパソコンよりも作業領域はかなり広いです。

でも、複数ウィンドウを同時に開くことが多い業種ということもあって、ウィンドウがどうしても重なり見えにくいんですよね。

そうするとAdobe系のソフトを触りながらネットを開いたりすると何かと不便でした。

デュアルディスプレイはそんな問題を一発で解決してくれますのでおすすめです。

作業効率は間違いなくアップします。

これからは資金を貯めて、株式投資なども再開したいと考えていたので今回のモニター増設で作業環境は準備完了です。

あとは資本金を準備すればOKです。

でも、それが一番難しく苦労しています…

作業効率がなかなか上がらない方、デュアルディスプレイに興味がある方はぜひデュアルディスプレイ化をおすすめします。

作業効率アップは生産性や収益に直結しますので出来れば早急に改善していきたいところであります。

機会があれば皆さんもデュアルディスプレイ化してみてください。

では。

関連商品

今回紹介した商品

万一、間違って古いモニターを買った時に役立つ変換コネクタたち

スポンサーリンク