車の維持費を安くする方法 -任意保険の見直しと車買取でいくら得できる!?-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
言語:

みなさんこんにちは(・∀・)

今回はスイフトの維持費を安くする方法について話をしていきたいと思います。

スイフトに限らず車の維持費を安く抑えるという意味では全車種共通の方法ですのでスイフトオーナー以外の方も是非参考にしてみてください。

私は前職がクルマ屋だったのでその時の話も入れながら紹介していければと思います。

車の維持費を最も簡単に安くするには『任意保険』の契約内容を見直すのが確実

%e4%bb%bb%e6%84%8f%e4%bf%9d%e9%99%ba%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a

さて、今回紹介する1番最初の目玉は『任意保険』について。

任意保険は契約した場所や契約内容によって最も節約できる金額が大きいので『維持費が高い』と嘆いている方は任意保険から見直すのが一番確実で間違いありません。

なので今回は任意保険について詳しくまとめてみました。

>> 自動車保険料を調べてみる

そもそも任意保険ってなに??

%e4%bb%bb%e6%84%8f%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

そもそも車の免許を取ったばかりの方やこれから免許を取る方、これから車を買おうとしている方には『任意保険ってなに??』ってところからだと思います。

なのでまずは任意保険について説明したいと思います。

クルマの保険には『自賠責保険』『任意保険』という2種類の保険があります。

『自賠責保険』車検時に付随してくる保険で絶対に払わなければいけない強制加入保険です。

これがないとクルマの運転が出来ません。

この自賠責保険被害相手が人であった場合のみ相手に降りる保険になります。

ただ、上限額が決まっているので大きな事故や死亡事故を起こした場合には自賠責保険だけではとても払いきれない場合があります。

事実、後遺症や死亡事故の場合は、死んだ相手が生涯稼ぐはずだった金額を算出して慰謝料という形で請求されることがあるからです。

その額は数千万から数億円にもなります。

そうなった時に必要なのが任意保険になります。

任意保険に入るか入らないかは自由なので義務はありません。

任意保険の料金は、契約内容と保証内容・等級などによって変わります。

任意保険はどこで契約したかで保険料が大きく変わる!?

車の保険には『自賠責保険』『任意保険』2種類の保険があるわけですが、任意保険に加入している方はどこで契約したか覚えていますか?

ディーラーで車を購入した時に営業マンから進められて任意保険を契約したという方もいれば、知り合い経由で安くしてもらったとか色々あると思います。

これからクルマを買おうとしている方はディーラーや中古車屋の営業の方などから任意保険を熱心に勧められていることと思います。

タイトルにも書きましたが同じ保険内容でも会社が違うだけで任意保険料が違ってくるということをご存知でしょうか。

実は、車屋で納車時に勧めてくる任意保険って実は高いんです。

そりゃ車屋だってサービスで保険契約をしている訳ではないので多かれ少なかれ中間マージンが入ってきます。

なので後から通販型の任意保険会社で改めて見積もりを取ったら保険代が安くなった。金額が全然違った。

なんてのもよくある話なんですね。

事実、私も18歳にしてはじめて車を持って保険金額をディーラーから見せされた時は衝撃でした。

私の場合は年齢が若いというのもありますがそれにしても高かったです。

しかし、後から通販型の任意保険で一括見積もりを使ってみたらディーラーの提示額よりも任意保険の支払額を安くすることに成功しました。

もちろん条件は変えずにです。
>> 任意保険料を比較してみる

任意保険料は、過去に事故歴や違反歴があるかないか・年齢・等級によって金額が変わります。

どうしても免許を取ったばかりの18歳から20歳までの時期は何をどう頑張っても保険料が割高になってしまいますが、この時期に安全運転をして無事故無違反であると21歳からの保険料がぐーっと安くなるので、免許取り立てからの2年間はとても大事だということが言えます。

車にあった『任意保険』に変更する

ところで任意保険には様々なオプションが用意されています。

いま加入している任意保険の保険内容やオプションを変更するだけでも保険料をさらに安くすることが出来ます。

ところが、任意保険には減らして良いオプションとダメなオプションがあります。

せっかく毎月高い保険料を払っていたのに肝心な時に役に立たないのではもはや任意保険なんて入らず自分で積み立てをしていた方がお得になってしまいます。

そうならないように任意保険料を安くする方法を紹介します。

基本的なところを言えば…

★対人・対物賠償保険

事故に遭った時、相手がいた場合や物があった場合に適用される保険です。

自動車保険・任意保険が存在する一番の目的ともいえる保険です。

保険内容にもよりますが最近の自動車保険では対人対物無制限の保険が一般的です。

金額を制限することで保険料を下げることも出来ますが、原則これは無制限にするのが妥当です。

事故相手がヤバいお金持ちだったり、高級車と事故を起こした時などの賠償金を考えると無制限にしておくことで得られる安心感はかなり違ってくると思います。

万一、死亡事故になった場合には億単位の賠償金を覚悟しないといけないので、考えたくはありませんが相手のためにも入っておくのが妥当です。

★搭乗者傷害保険

運転手と事故を起こした車に乗っていた人全てに適用される保険が搭乗者傷害保険です。

ケガや死亡した場合に支払われるので家族はもちろん、友人や会社の同僚・上司を乗せていた場合にも適用されることになります。

★自損事故保険

単独事故の場合の降りる保険がこれです。

雪道でスリップして無人の田んぼに突っ込んでしまったり←山形ではよくある話です。

自宅車庫への駐車中にバンパーが割れたり… などなど。

相手がいない場合、ひとりで事故を起こした場合に降りる保険になります。

★無保険者傷害保険

相手が自動車保険に加入していない場合、相手に支払能力がない場合に相手に代わって賠償額を保険会社が支払ってくれるというものになります。

★人身傷害補償保険

自身に過失があっても怪我をしていれば適用される保険が人身傷害補償保険になります。

自分の身を自分で守るという意味でも加入すべき保険になります。

★車両保険

一番保険料で節約が見込めるのが車両保険です。

自分の車が破損した場合に降りる保険が車両保険です。

車両保険では自分の車の修理代が降りるので、一部・全損などで保険の降りる金額が変わります。

車両保険は車に対する保険なので人や物には適用されません。

ちなみに私の場合はスイフトですね。

私のスイフトには車両保険は一切かけていません。

私のスイフトは中古で諸経費コミコミで60万円で納車しました。

平成21年式のマニュアル車で2016/11/23現在で走行距離は81,000kmほど。

残念ながら、お世辞にも『資産』と言える車ではありません。

過走行で毎日毎日償却しているクルマに高額な車両保険を掛けるのは割に合わないというのがスイフトに車両保険をかけなかった理由です。

自分の車ですから誰よりも大切にしていますが、それでも毎月の車両保険に加入するのに値する価値のある車ではありません。

このブログでも幾つか例を紹介してきましたが、スイフトの修理代は激安です。

フロントバンパー板金修理は4万円、リアバンパーは2万円、ミラーは3,000円で交換出来ます。

ところが高級車や外車になると海外から部品を取り寄せる必要があったり、そもそも部品が高価だったりで高額な修理代が請求されるのが一般的です。

なので車両保険に加入するのは新車購入から3年間や、資産価値にして200万円以上するような車に限って加入しないと毎月の保険料が割高になってしまいます。

車両保険には免責額なども設定してありますが、車両保険分は毎月自分で積み立てをしておいて車両保険には加入しないというのがお得なのかもしれません。

車が壊れた時の修理代は覚悟しなくてはなりませんが毎月の支払い額を少なくするには有効な手段と言えます。

★レッカーや事故対応サービス

任意保険会社の中にはレッカーや事故が起きた後のサポートが充実している保険会社があります。

レッカーなどのロードサービスが付帯している保険会社もありますので興味があれば一度比較してみると良いと思います。

遠出する機会が多い方、壊れやすい車(高年式・過走行車など)に乗っている方、一度事故に遭っている方にはレッカーや事故対応サービスが付帯した保険がおすすめです。
>> 任意保険料を比較してみる

任意保険は加入しているプランやオプションで値段が変わる

いかがだったでしょうか。

任意保険といっても、その中に多くのプランやオプションが含まれています。

加入するプランによって任意保険の金額も大きく変わります。

面倒ではありますが、任意保険の契約更新のタイミングや免許取得や車の乗り換えを検討するタイミングなどに合わせて任意保険料を見直すことが車の維持費を安くするためには必要なのかもしれません。

私の場合そうなのですが、スイフトのような5ナンバークラスや軽自動車に乗られている方の中には維持費の安さに惹かれて車を購入している方も多いと思います。

紹介されるがままに加入した任意保険には必要ないオプションが付帯されていることなどが原因で保険料が割高になっている場合が多々あります。

任意保険代は契約内容や会社が違うだけでも金額が安くなることがありますので、気になる方は一度任意保険の見積もりを取ってみると良いと思います。

また、これからクルマを購入される方はクルマ屋の営業マンが提示した見積もり額といくら差があるか試してみるのも面白いかもしれません。

年齢が若い方も保険会社が変わるだけで金額が安くなる場合があるので一度見積もりを比べてみることをおすすめします。

保険代に悩んでいる方は一度無料見積もりを試してみてはいかがでしょうか。

%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e4%bf%9d%e9%99%ba%e4%b8%80%e6%8b%ac%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a
>> 任意保険料を20社一括比較してみる

スイフトの買取査定をしてみた結果

スイフト海 記念撮影

ところで私は前職で中古車屋をやっていました。

そこで気になったのは『愛車(スイフト)の買取価格』でした。

ってわけで練習がてら私のスイフトが幾らで買い取れるか査定してみたことがありました。

まあ、金額は上下するのでだいたいですが…

前提として、走行距離が6万キロ・無事故・内装外装評価がBのスイフトと仮定します。

5速MT/ZC11S型スイフトの査定価格はざっと6万円から10万円の間でした。

春から走行距離がさらに伸びているのでもう10万いかないと思いますが…

ただ、同じ車種・同じグレードであっても買取価格は結構違ってくるんですね。

何故なら事故歴やぶつけた傷や内装のコンディションなど実に様々な箇所を見ているからです。

クルマの買取査定時のポイントなんかは今度また紹介したいと思いますが、とりあえず今乗っているクルマの価値が知りたい方は多いはず。

ってわけでクルマの現在の価値を調べるサイトを紹介したいと思います。

こちらも完全無料でクルマの価値を知ることが出来るサイトになります。

1回の入力で最大7社からクルマの買取価格の見積もりが貰えるので、クルマの売却を検討している方はもちろん、近々スイフトに乗り換えようと検討している方は是非(笑)
>> 完全無料!今すぐ査定依頼「車選び.com」

スイフトの維持費全般の話はこちら

って訳で、スイフトの購入サポート・スイフトの維持費まとめページを作ってみました。ZC11S型スイフトのオーナーであるsugiが実際に愛車のスイフトに掛かった費用を赤裸々にまとめていきたいと思います。これからスイフトの燃費やら給油・オイル交換

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする