【LINEスタンプ作りたい】Wacomのお高いペンタブ『intuos4 PTK-640/K4』を買ってみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんにちは(・∀・)

今日はパソコンでLINEスタンプを作る際に重宝するペンタブの紹介をしたいと思います。

私も以前からWacom(ワコム)製の小さなペンタブを持っていて、使っていたのですが大きいサイズのペンタブも使ってみたくなったので、買ってみました。

今まで使っていたペンタブ↓

wacom Intuos Pen & Touch small Sサイズ CTH-480/S0

今回紹介するのは、ワコムの『intuos4 PTK-640/K4』です。

では、早速レビューしていきたいと思います!

ペンタブといえばやっぱりワコム

デジタルイラストを描く方の多くが使っているペンタブのブランドがワコムです。

ワコム以外にも、ペンタブを出しているメーカーはもちろんありますが、私はワコムを愛用してきました。

ワコムは世界ブランドで、イラストを描いたり、写真のレタッチをするクリエイターの方がよく使っている道具になります。

ただ、私の場合だとイラストを描くことが出来ない(下手すぎて作品にならない)ので、Illustratorでパスを描いたり、写真のレタッチをする時にマウスの代わりとして使うことがメインでした。

intuos4 PTK-640/K4 開封レビュー

では、intuos4 PTK-640/K4の開封を実際にやっていきたいと思います。

intuos4_%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%81%8c%e5%b1%8a%e3%81%84%e3%81%9f

今回は中古で安く手に入れたので、全部付属品が付いているかどうかは分かりません。

ただ、ワコムのペンタブに関してはペンタブ動作用のソフトウェアがワコムの公式ページ上から無料ダウンロードすることが出来るので、中古でインストールディスクなどが付いていなくても、ペンタブさえ動作すれば買って問題ないと思います。

では、intuos4 PTK-640/K4の開封をやっていきたいと思います。

intuos4_%e9%ab%98%e3%81%84%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%96%e8%b2%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f

箱を開けると、その中にまた箱が入っています。

まるでマトリョーシカですね。

お高いペンタブは箱からして違います。
intuos4_%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bcwacom

スポンサーリンク

ワコムはグローバル企業なこともあり、パッケージも多言語で書かれています。

私が読めるのはギリギリ2言語ですが…
intuos4_%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%97%e4%bd%9c%e3%82%8b

そしてこちらがペンタブ本体です。

ペンタブ本体の大きさに比べて、書けるエリアがあまり広くない感じもしますが、今まで使っていたCTH-480よりはマシです。
intuos4_%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%96%e5%87%84%e3%81%95

intuos4 PTK-640/K4を設置してみた

私のパソコンの環境はご存知の通りMacがメインなので設置するとこんな感じ。

私は主にフォトショップというソフトとペンタブを使って色々やっています。

intuos4_%e9%ab%98%e3%81%84%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%96%e5%87%84%e3%81%84

設置してみての感想は、まずデカいです。

私の場合、写真編集だけがメインの仕事ではないので、これではデスクのスペースが相当取られるので正直邪魔ですね…

一回一回ペンタブをしまうのは若干面倒ですが、私は出してはしまってという感じで使うことにしました。

やっぱり大きな机やキーボードを下に仕舞えるタイプの机が欲しくなりますね。

ペンタブを自由自在に使いこなせればLINEスタンプを自作するのも十分可能

LINEを素人が作るのは、LINEのスタンプ審査に通るものを作る必要があるので、少し大変かもしれません。

ただ、スタンプへのアイディアと、画像のリサイズが出来れば最悪なんとかなります。

でも、それだけだとクオリティーが低くなってしまう場合があるので、ペンタブを使いこなせるようにしてデジ絵を描けるようになれれば、より『売れるスタンプ』が作れるようになると思います。

LINEスタンプは当たれば相当大きな収益となりますので、副業を考えているセンスのある方にはおすすめです。

intuos4 PTK-640/K4を使ってみての感想

intuos4_%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%96%e9%81%95%e3%81%84

intuos4 PTK-640/K4を実際に使ってみての感想です。

以前までSサイズの小さいペンタブを使っていたこともあって、作業はかなりやりやすくなりました。

お金を取ってイラストを描く仕事を目指している方や、本格的な趣味としてやっていきたい方にはおすすめ出来るペンタブだと感じました。

また、ペン立ての中には複数のペン先(ブラシ)が付いているので、対応しているアプリを使うことでより活用の幅が広がると思います。

私の周りにもイラストを描いたりするのが好きな人が結構いて、話を聞いていると、液タブがほしいといつも口グセのように言っています。

液タブは良いですが、パソコン1台買えるほど高いので購入を躊躇している方も多いと思います。

そんな方に、intuos4 PTK-640/K4をおすすめしたいです。

使ってみて、描き味も滑らかでやっぱり高いだけあります。

これはおすすめのペンタブです。

今回紹介したintuos4 PTK-640/K4

今回紹介したペンタブ

Windowsでペンタブを使うならおすすめのソフト『SAI』

Macでペンタブを使うならおすすめソフト『CLIP STUDIO(クリスタ)』

スポンサーリンク

海外ユーザーが作品を作る時によく使っているのはフォトショップです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする