【閲覧注意】世界の悲惨すぎる交通事故映像 まとめ -随時追記予定-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんばんは(・∀・)

今回の記事はショッキングな内容が含まれる場合があります。

閲覧注意でお願いします。

世界の悲惨過ぎる交通事故映像をまとめるページを作りました。

引用:http://katsujuku8317061.ti-da.net/c175411.html

このページを作るかどうかは、実は結構前から迷っていました。

と、いうのも人が死んだり大怪我をしている映像をネタで取り上げることに抵抗があったからです。

しかし、このところ高齢者が絡む事故や雪道での悲惨な事故がニュースで増えてきたように感じています。

世界ではさらに悲惨な交通事故が毎日発生しています。

まさか自分が今日事故を起こすなんて、想像しながら運転している人はいないと思いますが、ハンドルを握っている以上は、いつ何処で事故に巻き込まれても不思議ではありません。

なので今回はハンドルを握るドライバーに(私も含め)交通事故の悲惨さを痛感し、いつも以上に安全運転をしてもらえるように。

というコンセプトで、敢えてショッキングな交通事故映像を集めてきました。

これから紹介する映像の被害者・加害者がもしも自分や家族だったら…

色々考えさせられる映像もありますので、クルマを所有されている方はぜひ一度ご覧になってみてください。

海外(ニュージーランド)の交通事故CMの説得力が凄い。これは考えさせられる。

こちらはニュージーランドで実際に放映された交通事故CMになります。

このCMは一時期『怖すぎる交通事故CM』としてネットでも話題になったので知っている方も多いと思いますが紹介しておきます。

スピードの出し過ぎが招く悲惨な事故と失うものの大きさを訴えています。

この交通事故CMを見た後でもあなたは飛ばせますか?

スマホを操作しながら運転すると… 海外の怖すぎる交通事故CM その2

こちらも海外の交通事故CMになります。

友人と楽しくドライブをしている時、運転手がスマホの操作に夢中になったことで、白線をはみ出し対向車と衝突。

その後に複数台が絡む事故へと発展。

横には血まみれ友人が…

とにかく怖いCMですが、こちらも説得力のある交通事故防止CMですね。

この映像を見てもなおスマホを見ながら運転できますか?

歩行者との交通事故例

これは前を見ていないとぶつかって加害者になっていましたね。

歩行者は基本信号を守らないもの・飛び出してくるもの位の感覚で運転していないと危険ということがよく分かります。

飛び出してくるのは人だけではない。動物との接触事故も注意

北海道とか山道を走っていると動物が飛び出してくることがあります。

動物も人間と同様骨があったり角があったりするので、スピードが出ている状態でぶつかるとドライバーや同乗者も怪我をする恐れがありますので危険です。

また、万一野生の動物を引いてしまった場合には保健所へ連絡する必要があります。(そこで同時に警察にも連絡してくれるので大丈夫です。)

もしも飼い猫や飼い犬などを引いてしまった場合には、同じ動物ですが器物破損ということで事故処理されることになるので、こちらは警察と飼い主が近くにいる場合は示談になるケースが多いらしいです。

動物を引いても法的に裁かれることはありませんが、事実『事故』が起きているので警察へ一報を入れる必要があることは覚えておきたいところです。

そうしないと保険なども任意保険なども降りなくなる場合があるので。

海外では『当たり屋』に注意

海外(主に中国)で多いのが『当たり屋』です。

この動画は見ていて笑えるようなマヌケな当たり屋達の映像ですが、一歩間違えば死亡事故にもなりかねません。

国際免許証を取得して海外でクルマを運転する際には覚えておきたい・注意が必要な事の1つですね。

ドライブレコーダーは絶対に取り付けるべき

asus-reco-classic-car-cam_%e6%80%a7%e8%83%bd

ここまで色々な交通事故動画を紹介してきましたが、これら全て車載カメラ『ドライブレコーダー』によって撮影されたものなんですね。

信号無視や飛び出しなど、こちらに非がなくても車と歩行者での事故は車の方が不利になってしまいます。

事故は予期して起きるものではないので車載カメラ『ドライブレコーダー』は付けておいて損のないものだと言えます。

まだドライブレコーダーを取り付けていない方はドライブレコーダーの取り付けを前向きに検討してみると良いと思います。

このブログでも過去に数機種のドライブレコーダーをレビューしてきましたが、最近では1万円弱で買えるドライブレコーダーも増えてきているのでよかったら参考にしてみて下さい。

個人的なおすすめはPAPAGO!のGoSafe S30ですが、ちょい高いですが画質と性能は抜群なのでおすすめです。

ドライブレコーダーの映像は、証拠として記録しておくことが出来るので万一の場合に自分を守ってくれます。

まだドライブレコーダーを取り付けていない方は、最初は本当に安いものでもいいので付けておいて損はないと思います。

任意保険の契約プランを見直してみる

ところで現在加入されている任意保険がそれぞれあると思うのですが、補償内容をちゃんと確認されていますでしょうか。

スポンサーリンク

★ 対人対物は無制限になっていますか?
★ 同乗者保険はどうなっていますか?
★ 車両保険が必要以上に掛かっていませんか?

任意保険は年齢や加入内容によって金額が大きく変わってきますし、事故が起きてしまった時にしっかり補償してくれるかが肝心です。

車の保険は車を維持していく上で結構大きな出費ですので、計画的に加入して定期的に保険内容の見直しなどをしてみることをおすすめします。

また、最近では事故が起きてしまった後のサポートが充実している任意保険もあるので一度確認してみると良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

交通事故はいつどこで起きても不思議はありません。

最近ではコンビニで買い物をしているだけでも、コンビニにクルマが突っ込んできて下敷きになって亡くなるケースもあります。

後悔しない・させないためにも日頃からの安全運転と、万一交通事故が起きてしまった場合でも冷静に対応できるだけの備えや心構えがとても大事になってくると思います。

そう考えると免許を取る前に教習でやった心臓マッサージなどの救護講習がとても重要に思えてきます。

まだ免許を取る準備をされている方はしっかりと講習を受けておくことをおすすめします。

役に立つ場面に遭遇したくないものですが、覚えておいて損のない知識です。

では。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする