完全個室の夜行バス!? 関東バスがDREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)が東京⇔大阪間で2017年1月18日から運行開始!! これはぜひ乗りたいぞ!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

皆さんこんばんは(゚∀゚)

今日も気になるニュースがあったので紹介したいと思います。

今回は『リッチでプレミアムでお高い夜行バス』について。

業界初な完全個室の夜行バスが誕生・運行開始!!

ついに完全個室の夜行バスが出てきましたね。

その名も『DREAM(ドリーム) SLEEPER(スリーパー)』です!

%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%8011%e4%ba%ba%e9%99%90%e5%ae%9a

ドリームスリーパーは2017年1月18日(水)から東京から大阪間で運行がスタートします。

つい先日、京都に行ってきたばかりですが機会があれば凄く乗ってみたい夜行バスです。

完全個室の夜行バスって一体どんな感じなんでしょうか。

ドリームスリーパーは、従来の夜行バスと同等の大きさの車体にたった11室だけが用意され完全個室型のバスが誕生したようです。

つまり乗れる乗客はたったの11人です。

乗客数がかなり少ないですが、これで元が取れるのでしょうか?

ドリームスリーパーの特徴の1つとして、従来までの夜行バスのようなカーテンや薄い間仕切りなどで区切ったものではなく、1つ1つが独立した完全個室になっているのがポイントになっています。

%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e5%ae%8c%e5%85%a8%e5%80%8b%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%80%80%e5%ba%a7%e5%b8%ad

中途半端な仕切りではなく『完全個室』と銘打っています。

ドリームスリーパーのように完全個室で移動出来る公共交通機関はこれまで無かった(厳密には一部の飛行機のファーストクラスだけ)ので注目が集まっています。

完全個室の夜行バスのメリット

夜行バスは長距離を移動する乗り物ですので、寝ているお客さんが多いのが当たり前です。

まして、夜行ですからね。

そうすると問題になってくるのが他の人の寝顔が見えたりいびきがうるさかったり。

その点、今回運行を開始する完全個室型の夜行バスでは、それらの心配が一切なくまるで自家用車・ホテルにいるかのように移動出来るのが一番のメリットになっています。

完全個室型 夜行バスの運行は関東バスと両備バスとの共同運行

%e9%96%a2%e6%9d%b1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc

来年の1月18日から運行を開始する完全個室型のバスは、関東バスと両備バスとの共同運行になるそうです。

両会社ともこれまで夜行バスを運行してはいましたが、こういった完全個室型の夜行バスを出すのは初めてになります。

DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)の料金・運行情報

ドリームスリーパーの運行は、東京と大阪間を1日1往復限定で行う予定です。

ドリームスリーパーはバス車体自体が他の夜行バスとは違う特別車両となっているため、運賃も通常の夜行バスよりもかなり割高に設定されています。

ドリームスリーパーの利用料金は、運賃が9,000円と座席が特別なので『座席料金』が別途11,000円で合わせて20,000円で利用することが出来るようです。

夜行バスで体が痛くなる・眠れない方にとってドリームスリーパーという新しい完全個室型の夜行バスはとても魅力的なのではないでしょうか。

また、東京と大阪を日帰りしたい場合や目的地で前泊する予定をずらし、ドリームスリーパーの中でホテルに泊まる感覚で寝て過ごせば早朝から目的地で活動出来るというメリットもありますね。

ドリームスリーパーは私も乗ってみたい!

私は別に大した仕事をまだやっていませんが、日本全国あちこちで歩いているので機会があればドリームスリーパーに乗って感想を書ければと思います。

ドリームスリーパーはちょっとお高いですが、完全個室でホテルとまで評されているのを耳にすると、新しいモノ好きの私としては見過ごせませんね。

多分、普通に社会人をやっている方よりは乗る機会が今後増えてくると思うので、このブログでは今後も公共交通機関などの試乗レポートなどもやっていきたいと考えています。

では。

夜行バスを利用する時に便利なサービスとグッズ

高速バス・夜行バスを予約する時にどこのサービスを使っていますか?

バスリザーブというサイトを使えば、複数のバス会社でその日一番安いバスを簡単に探して予約することが出来ます。

バスリザーブ

これから夜行バスを利用する方はぜひ使ってみてください。

【バスリザーブ】格安高速・夜行バスの予約おすすめ

スポンサーリンク

夜行バスを利用する時に便利なグッズ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは
    「ドリームスリーパー」だけの表示だと両備グループの中国バスが運行している横浜広島線のことになるので誤解を招くかと、、、

    • Sugi より:

      ご指摘ありがとうございます!
      タイトルと記事内の一部を書き換えました!

      記事中で関東バスと両備バスが運行していることを書いていたのですが、誤解を招く恐れがあるのでタイトルも変更しました!
      ありがとうございました!