新型スイフトが遂に発表!! 新型スイフトの変更点は?? 新型スイフト情報 まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

つ、ついに発表されました!!!

皆さんこんにちは(・∀・)

現スイフトオーナーのsugiです!

ついに本日、新型スイフトが発表されましたーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88-%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

今回は新型スイフトの発表が個人的にすごく楽しみだったので、現スイフトオーナーの私が新型スイフトの情報をいち早くまとめてみました。

新型スイフトの購入検討車は必見です。

⇒ 新型スイフト スペシャルページ

スポンサーリンク

新型スイフトは6グレードが用意されている。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88release

新型スイフトには6グレード(ハイブリッドRS、RSt、RS、ハイブリッドML、XL、XG)となっています。

最高のハイブリッドグレードの燃費はリッター27.4km/Lです!!!!!!!!!

これ、ヤバくないですか??

スイフトで日本全国一周したいと考えている私にはかなり魅力的な燃費です!

それぞれのグレードで価格や選択できるオプションが違うので詳細はスズキのホームページを見てみて下さい。

もちろん5速MT車もありました!!!!!!!!! もはや感激 スズキ大好き(゚∀゚)

実は今回の新型スイフトの発表で個人的に歓喜していることが1つあります。

各ライバル会社が続々とマニュアルグレードの廃止を推し進めている中、スズキのスイフトはハイブリッドグレードとは別にマニュアル車のグレードもちゃんと残してくれていました!!

実は今回の新型スイフトで最も心配していたことがマニュアルグレードの廃止でした。

でも、スズキはスイフトのマニュアルグレードの廃止をしないでくれました!

これはマニュアルに乗っている私からしても本当に嬉しいことです。

新型スイフト 『大幅に改良されたデザイン エクステリア編』

さて、今回の新型スイフトは大幅なインテリアデザインの改良が成されています。

現行型よりもスタイリッシュでスポーティーなボディーになったのが特徴です。

しかもこれ、ハイブリッド仕様のモデルも同じデザインなんですよね。(笑)

ぱっと見た感じスイスポっぽいですよね(笑)

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e7%99%ba%e8%a1%a8

新型スイフトはフロントグリルやヘッドライトなどのデザインが刷新されたのが特徴的で、タイヤサイズも私が乗っている旧型スイフトよりも少し大きくなりました。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

新型スイフトのイメージカラーは赤(レッド)みたいで、スズキの公式ホームページには綺麗な赤ボディーの新型スイフトの写真を見ることが出来ます。

フロントグリルはマツダ車と似ていますね。

新型スイフトはヨーロッパなどの石畳の街中を走っていると凄く見栄えがしそうですね。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80360%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

スポンサーリンク

側面のデザインはこんな感じ。

特徴となっているのは、後席側のドアノブ部分でしょうか。

ホンダ ヴェゼルなどと同じく窓の隣にドアノブが付きました。

これでもう少し車高が高かったら『小型SUV』と言われても納得しそうなエクステリアです。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e6%a8%aa

スイフトの後方デザインはこんな感じ。

個人的には現行の日産マーチに似ている印象を受けました。

後ろはスポーティーというより可愛らしい印象を受けます。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%be%8c%e6%96%b9

個人的に新型スイフトのエクステリアデザインはかなり魅力的に映りました。

今回の発表で新型スイフト スポーツの発表は行われなかったのですが、ハイブリッドモデルの新型スイフトがあまりにもスポーティーな感じがあったことに驚いています。

新型スイフト ハイブリッドがこのエクステリアデザインなら新型スイフト スポーツのエクステリアデザインは一体どんな仕上がりになるのか!?

新型スイフトスポーツの発表が今から楽しみです。

新型スイフト 『大幅に改良されたデザイン インテリア編』

新型スイフトは内装(インテリアデザイン)も大幅に改良されています。

ステアリングリモコンが付いていたり、カーナビがiPhoneのCar Playに対応していたりと旧型スイフトに乗っている私からすれば妬ましい『妬みポイント』が満載の1台に仕上がっている模様です。

新型スイフトの運転席の写真がこちら↓

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e5%86%85%e8%a3%85

新型スイフトの内装は全体的に凄く洗練されていてカッコいいと思いました(・∀・)イイ!!

あー、妬ましい。(笑)

まず私が一番に注目したのはメーターです。

スポンサーリンク

メーターデザインは左側にタコメーター・中央には液晶モニター・右側にはスピードメーターという仕様になっています。

メーター中央にある液晶モニターには様々なインフォメーションが表示されるようになっていて、燃費や航続可能距離が表示出来るようになったのも魅力の1つです。

↓液晶モニターは何種類かある中から表示モードが選べます。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3

次に興味を持ったのがシートです。

前席がバケットシートのような感じで体にフィットしそうです。

後席部分が狭いのは前モデルのスイフトとあまり変わってなさそうです。

新型スイフトの内装全体イメージがこちら↓

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88

また、オプションでシートヒーターも選択可能なので雪国出身の私としては嬉しい機能です。

ついにスイフトにもシートヒーターが搭載されましたね。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

新型スイフトは燃費も魅力的!! ハイブリットモデルの燃費は最大27リッター超え!?

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3

新型スイフトには新たにデュアルジェットエンジンが搭載されました。

デュアルジェットエンジンの採用により、燃費が最大27.4km/Lになったのが最大のポイントです。

スズキのホームページによると…

熱効率を追求して優れた燃費性能と力強い走りを高次元で両立させた1.2Lエンジン。

とのことです。

一方で新型スイフト RSに搭載されているエンジンはブースタージェットエンジンです。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88-rs-%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3

スズキのホームページによると…

1.5L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現した1.0L直噴ターボエンジン。

とのことです。

両方とも新しいエンジンなので、それぞれどんな走りをするのかすごく気になります。

マジで機会を見つけて新型スイフトの乗り比べをやりたいですね!

新型スイフトは安全装備も充実!! このクラスの車では最も贅沢な車になった!?

スイフトとよく比較される車はフィット、ヴィッツ、マーチ、デミオなどがあげられると思います。

今回発売された新型スイフトでは、そんなライバル車の中でも群を抜いて機能性が充実してきたと思っています。

例えばブレーキアシスト機能には、単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する「Dualセンサーブレーキサポート」がオプションで選択可能。
%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e8%87%aa%e5%8b%95%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ad

そのほか、前方衝突警報機能・前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能・自動ブレーキ機能なども搭載されており、300万円クラスの車と比べても負けず劣らずの内容になっています。

そのほか、アクセルの踏み間違いで建物に突っ込む事案の解決策になりそうな『誤発進制御機能』や車線逸脱警報機能やふらつき警報機能や先行車発車お知らせ機能やハイビームを自動で切り替えてくれる機能なども搭載されています。

※一部オプションやグレードによって異なる。

さらに、駐車する際に重宝する!?

アラウンドビューモニターなども搭載されています。

%e7%9c%9f%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e6%98%a0%e5%83%8f%e3%81%a7%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aa%e9%a7%90%e8%bb%8a%e3%82%92

さらに新型スイフトにはクルーズコントロールも搭載されました。

ここも前モデルを乗っている私の妬みポイントです(笑)

しかも、ただのクルーズコントロールじゃなくてミリ波レーダーで前方車との車間距離を測定して起動で付いていくタイプのクルーズコントロールが搭載されています。

200万円以下のスイフトにクルーズコントロールが付いている。

これって凄いことですよね。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab

さらにAppleのiPhoneをお持ちの方には朗報です。

なんと、新型スイフトにはCar Playが搭載されているんです!!!

これまで様々なカーナビでiPhoneをペアリングして使っていることと思いますが、Car PlayはどんなカーナビよりもiPhoneとの相性が良いです。

まさにiPhoneユーザーのためのカーナビと言えます。

また、Android Autoにも対応しているので、スマートフォンをお持ちの方であれば新しい次元のカーナビ体験が出来るものと思います。
%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%93-carplay

さらに、どうでもいいですが携帯リモコンがスマートでいい感じだと思いました(・∀・)イイ!!
%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e6%a9%9f%e8%83%bd

新型スイフトは買いか!? まとめ

いかがだったでしょうか。

新型スイフトは内外装のデザインはもちろん、走りや燃費についても、カーナビや安全性能が底上げされているので、機会があればぜひ一度試乗したいと思っています。

新型スイフトのハイブリッドモデルはどんな走りをしてくれるのか今から凄く気になっています。

私のスイフトは20万キロ走ると公言していることもあって、買い替えの予定は今のところありませんが、今回発表された新型スイフトはマジで良いと思います。

新車の購入を検討されている方は一度チェック・試乗する価値のある車であると思います。

スイフトに興味がない方もぜひ一度情報をチェクしてみて下さい。

では。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク